イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

神様を信じない強さを僕に。

昨日は本町nuthingsにてS▲ILSのライブでした。
色々な諸事情があったけど、お客さんもいっぱいで、
僕たちも楽しく演奏できて大満足。
来てくれたみんなどうもありがとう。
来れなかった人たちはコチラからどうぞ。

実は今回、客席にゲントウキの田中潤さんが居てね、
彼は僕にとっての音楽の神さまで、
はじめてゲントウキを聴いた時、
「あぁ、こんな人が居るならもう僕が音楽を作る意味ないな」
と本気で思い、音楽をきっぱり辞めた時期がありました。
まぁでも、結局紆余曲折あって、
今は誇りに想えるメンバーとバンドを組めていますが、
またそれは別の機会に。

今まで作った曲も彼には聴かすことは出来なかったし、
ライブだって見せる訳にはいかなかった。
彼の前で音楽をすることは、
冒涜以外の何者でもないと考えていた訳。

でもさでもさ、神さまなんて本当は居ないんよ。
僕は知らず知らずの内に、
人にされたら一番嫌なことしていたんよね。
専門職についている人は能力が派手なので、
その人のこころに到達する前に、
「尊敬」という聞こえはいいけど、
それはそれは高い差別や区別の壁が立ちはだかります。
僕がそれをしてどうすんだと。
でも今はそれ以上に彼は僕の大切な親友、
そんな単純な理由でライブに呼びました。


嬉しかった。
やっとに逢えた。b0102637_1846365.jpg
[PR]
# by kazekissa | 2006-05-29 18:48 | 日記

「American Weekender!」

b0102637_14575079.jpg
僕がギター・ボーカルを勤める
ギターポップバンドS▲ILSの久々のライブです。
曲は感じ。

「American Weekender!」
■日時/5月28日(日)
■場所/本町nutings
■出演/cleandistortionquarry
choco(from Spaghetti Vabune!)・S▲ILS
■時間/OPEN 18:30 / START 19:00
■チケット/adv¥1500 / door¥1800(with 1drink ¥500)

来てくれる人は管理したいのと、前売りチケットを取っておきますので、
kazekissa@hotmail.comまで、枚数と名前を記入の上メール下さい。
お金ないけど、来たい人も相談に乗るよ。
遠慮なく。
[PR]
# by kazekissa | 2006-05-25 14:56 | 告知

こころの山。

今日は明日提出の確定申告の準備を済ませ、
夜はS▲ILSの練習でした。
今回サポートドラムをしてくれる豊さんが、
一番曲を覚えているようで、
とても恥ずかしかったけど、
最後にしたカバー曲はみんな楽しそうで良かった。
何のカバーをするかは、来た人だけのお楽しみ。

帰りにファミリーレストランに寄って、
リーダーの藤野"ソフトロック大将"慶一郎とミーティング。
僕という人間は随分と武装が豪華になってしまったんで、
中々、今更、こころに到達する人が居ないんだけど、
そんな話を出来るリーダーは、
数少ない到達したツワモノ(キワモノ)なので、
"リーダー"って読んでるんだよ。

彼といい、草壁さんといい、月島さんといい、
最近近い人の年齢が「30」なのは、
勿論、僕の精神年齢が高いからじゃなくって、
そういうとこ全てお見通しで、
上手く扱ってくれてるからなんだろうな。


毎日は感謝すべき素晴らしい人生だ。
山彦で帰ってきたのは、いつだって僕の声だろう。
[PR]
# by kazekissa | 2006-05-25 03:54 | 日記

ピーターとシヴィラ。

昨日はS▲ILSのスタジオ練習。
と言ってもリーダー藤野さん不在の基本リズム3ピースでの。

楽器が3つだとそれぞれの音が良く聞こえて、
曲の構成が丸裸で参考になりました。
今回のライブでは新曲を1曲やるんだけど、
むしろ今までやってきた曲の方、
特に「スニーカー」や「レモン」なんかが、
新しい響きになっているのでお楽しみに。

練習も終わり、モスバーガーで軽食をしてから、
俊介くんがカーテンと簾を貰いに家に来る。
「はたして彼女たちはどうしたらいいのか」という、
抽象的な書き方しか出来ないけど、おせっかいな話題を
コーラス練習もそっちのけで延々と。

その後、ラジオ編集・更新を済ませ、夕食を食べて就寝。
今日は、藤野さんを加えた夜のスタジオまで、
やっていない去年分の確定申告でもしよう。

男の子も女の子も音楽も自分を受け入れたものは、
とてもチャーミングに見えるみたいだ。
スウェーデンが好きな男の子がその昔書いた詩によると、
「女の子はみんな綺麗になる季節だから♪」だってさ。
[PR]
# by kazekissa | 2006-05-24 15:51 | 日記

五月くん、旅をする。

「昨日は」という書き出しばかりで、
その日の夜のうちに日記が書けないのは、
良く眠れている証拠なので結果オーライ。

昨日は月島火山の5月病が大噴火しそうだと聴いて、
小説家の月島戒さんをお部屋に呼び、
作ってあげた名刺を渡し、話を聴く。
彼のストレスが溜まっている時、
聴いてあげられて、それが僕のストレスにもならず、
笑いに消化するこの関係は、何とエコロジカルなんだろう。

いつも思うのは、欝や5月病やストレスと言うのは、
何も、何もないところから生まれる訳でなく、
インフルエンザのように、人から人へ、
世界中を旅している寂しがりやの幽霊だと思う。
mixiやBlogでも流行していたバトンや、
ウィルスメールやチェーンメール、
もっと原始的なのでは、昔あった不幸の手紙なんかと同じで、
誰かが何処かでストップさせないと、
知らず知らずに必ず誰かにバトンタッチ。

でも、まぁ別にそんなことを考えている訳でもなく、
ただ話していて楽しい人なんですよね、アニーは。
いや月島さんは。
だから上手く続いてるんだろう。

その後、先日、俊介くんに貸した自転車を取りに、
千日前味園ビル「深夜喫茶・銭ゲバ」へ。
と、その前に、遅刻しているにも係わらず、
無印良品でソファを買って、
遅刻誤魔化し品のシュークリームを3つ買って、銭ゲバへ。

遅刻のプロとして、生徒の皆さん、
ここで気をつけないといけないのは、
先に謝ってはいけないと言うこと。
「シュークリーム」→「遅れてごめんね。」の順番です。
「シュークリームをくれたいい奴だから、まぁ許してやるか」
という心理になる訳です。
もし逆だと、「え?遅れてこれだけ?」
とせっかくのシュークリームもまずくなってしまうでしょう。
まぁ、遅刻しないのが一番の正解なんだけど結果オーライ。

で、ポツポツとお客さんが来たり帰ったりした後、
マスターの草壁コウジさんと、
今後のラジオのことについて、
そして関西アートシーンの裏側について。
それも結果オーライだといいんだけどなぁ。


五月雨も、あぁもう心配ないさ。
君も傘を閉じて濡れてくれるなら、
寂しがりやの幽霊と水溜りのダンス。
虹が出たらお祈りをするから、もうおやすみ。
[PR]
# by kazekissa | 2006-05-23 13:15 | 日記