イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

きららちゃんと明石さん

さて、5月も末ですね。"5月病"という言葉がありますが、大まかには「新しい生活の反動で、気持ちがダウンしてしまう」ことのよう。また梅雨は"五月雨"とも言うように、ジメジメとした気候が輪をかけるのかも、なんて何となく思っていたのですが、最近は「いや、違うかもなぁ」と思います。というのも、地域にもよると思いますが、5月は気候的には1年の中で比較的カラッと過ごしやすい月で、よくよく振り返ってみると、新学期や新社会生活も、5月中はまだバタバタと、心がダウンする余裕すらないと思うのです。だったらなぜそのような状態になっていまうのか。タカラトミーの『チョロQ』というミニカー、ちょうどアレに近いのかなぁと。基本的なチョロQは電池式ではなく、ぜんまい(バネのようなもの)式で動きます。カチカチと後ろに引いて、その反動でビューンと前に進む、ゴム鉄砲のような要領です。電池要らずなのにいまだにベストセラーというのも、昨今のデジタル社会では驚きですが、同じように、人間の身体も電源・電池要らずで動いております。なので、生命感溢れる夏を、より元気に過ごし、乗りきる為に、心のぜんまいを後ろに巻いている、それが"5月病"という状態なのかなと。

そんな風に季節のことを考えるようになったのも、小学館の文芸誌『きらら』の表紙を描き始めたのがきっかけでした。きららは月刊誌なので、毎月毎月の印象を注意深く観察する必要があったのです。前置きが長くなりましたが、そうしてこれまで4年間描き続けてきた『きらら』の表紙たちが、この度まとまって1冊の本になったので、今日はまずそのお知らせです。その名も『きららちゃん』。
b0102637_9381970.png
中村佑介イラストブックきららちゃん 発売中
1200円(+税)/A5サイズ/64ページカラー/小学館

中村佑介のイラスト30点に、豪華アーティストたちがインスパイアされて書いた詞が並ぶかたちの新しいカタチのイラストレーションブックです。【参加アーティスト】いしわたり淳治、カジヒデキ、小西康陽、小宮山雄飛(ホフディラン)、高橋久美子、堂島孝平、西寺郷太(ノーナ・リーヴス)、秦 基博、ボニー・ピンク、山田稔明(ゴメス・ザ・ヒットマン)、ワタナベイビー(ホフディラン) (敬称略・五十音順)

きららちゃん特設サイト




いつもイラストを描く時はCDや本の内容を聴いて(読んで)からそれをビジュアル化しているので、今回は逆の試み、ということですね。これは見て頂いた方が話が早そうなので、早速本文ページを2点ご紹介。
b0102637_11363650.png
b0102637_11372332.png
これは両方、堂島孝平さんのパートですが、ほかにもこれまで当ブログで紹介したり、プライベートで熱心に聴いているアーティストの方ばかりでしたので、次々と詞が出来上がってきた時は、心が仕事を離陸し、舞い上がりました。今もちょっとフワフワしているくらい。個々の感想・説明については、まだ発売前ということで、今日は控えさせて頂きますが、新しい試みということで、お値段もサイズもお手頃なカタチに仕上げました。ぜひとも書店にてきららちゃんを見つけて頂いて、帰りのバスや、休み時間に、色々と心を膨らませて頂けると幸いです。

また、『きららちゃん』発売記念として、今回も恒例のサイン会を行います。会場は以下の通りです。

中村佑介『きららちゃん』発売記念サイン会

■2014年6月14日(土)13:00〜@名古屋詳細)  終了しました
会場:星野書店近鉄パッセ店 お問い合わせ:052-581-4796

■2014年6月15日(日)13:00〜@大阪詳細 終了しました
会場:紀伊國屋書店グランフロント大阪店 お問い合わせ:06-7730-8451

■2014年6月21日(土)13:00〜@東京詳細 終了しました
会場:三省堂書店有楽町店  お問い合わせ:03-5222-1200

■2014年6月29日(日)13:00〜@福岡詳細)  終了しました
会場:ジュンク堂書店福岡店 お問い合わせ:092-738-3322

『きららちゃん』、『Blue』、ポストカードブック『RED』、『中村佑介ステーショナリーブック』のいずれかをお買い上げのお客様に整理券をお配りします。
当日は必ず整理券と対象書籍をご持参下さい。
サインにはお客様のお名前が入ります。あらかじめ整理券にご記入いただきますようお願いいたします。
写真撮影はお断りさせていただきます。
終了時刻は、予告無く変更となる場合がございます。


今回行けない県にお住まいの方も、今年下旬に発売される2冊目の画集『NOW』の時には必ず伺いますので、その時までお待ちください。それまで待てないという方は、少しお手元に届くのは遅くなりますが、オフィシャルショップではサイン本も販売しておりますので、ぜひそちらで手に入れて下さいませ。以上が「きららちゃん」のお知らせです。


本日はもうひとつ大きなお知らせ。タイトルにもあった"明石さん"といえばアニメ『四畳半神話大系ですね。これはちょうど「きらら」表紙を描き始めたのと同じくらいの時期に放映されていたので、もう4年も前のことになりますが、最近話題のアニメ『ピンポン』でもお馴染の湯浅政明監督の作品。僕はキャラクターデザインとイラストとして参加させて頂き、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門をはじめ様々な賞も頂き、とても貴重な経験でした。
b0102637_13244842.jpg
『四畳半神話大系』は「後悔を元に時間を巻き戻し、人生をやりなおす」というパラレルワールドの構成が非常に印象的でしたが、僕自体は自分の描いた作品について、その時々のベストを尽くしているので、「あれもうちょっとこうしとけば良かったなぁ。。。」といった後悔はしない方です。ただ、この『四畳半神話大系』についてだけ、ひとつだけ後悔がありました。それはDVD1巻のジャケット。
b0102637_13264988.png
小説文庫版にもなっているこの1枚。絵のクオリティや好みではいま見ても、「よう出来とるなぁ」と思うものの、実はアニメ放送前に描いたもので、ぜんぜんキャラクターや作品の印象が掴めてなかったなぁと、時間が経って見る度に思っていました。特にモチグマの造形、これは原作者である森見さんが本当に持っていらしたものを参考にしたのですが、アニメではもっとキャラっぽくなって登場していましたよね。
b0102637_1455770.jpg
例えば音楽でも、再盤される度に"リマスター"(最新技術で音を綺麗に)や"リミックス"(音のバランス変更)があるので、それをいつかイラストで出来たらと思い続けていたところ、この度、ブルーレイBOXが発売されることになったのです。そこで4年ぶりに今一度描いた『四畳半神話大系』の世界がコチラ↓。
b0102637_14395722.png
DVD1巻の絵をベースに、4巻までの全13話の要素を加え、海外版のタイトルである『The Tatami Galaxy(畳の宇宙)』でまとめました。う~ん、満足。4年のつっかえがようやく取れた感じです。そして、これは表紙のみですが、背、裏面までグルッと周るイラストになっておりますので、ぜひ実物でお楽しみ頂ければと思います。詳しいBOXの仕様については四畳半オフィシャルブログをご参照ください。また、事前予約だとAmazonがかなり安くなるので、おススメです。
b0102637_14425015.png



最後に講演会のスケジュールをまとめておきます。

中村佑介講演会ツアー

■5/23@ヒューマンアカデミー大阪校 終了
■5/31@ヒューマンアカデミー神戸校 終了
■6/22@ヒューマンアカデミー東京校 終了
■6/28@ヒューマンアカデミー福岡校 SOLD OUT

■7/6@仙台
■7/12@福島
■8/2@山形
■8/3@ヒューマンアカデミー仙台校
■9/6@東京
■9/中旬@新潟
■10/25@ヒューマンアカデミー那覇校
■10/26@奈良
■12/14@ヒューマンアカデミー札幌校

ヒューマンアカデミー参加申込ページ

ヒューマンアカデミー以外の会場は決まり次第発表させて頂きます。
また全ての会場共通して入場無料ですが、事前予約参加制です。


以上、長々となりましたが、どれかひとつでも、1枚でも、心のチョロQのぜんまいを引っ張る助けとなれたら、幸いです。そして講演会かサイン会、どこかの会場で元気にお会いできればなお嬉しいです。ということで、5月のおわりの日記でした。ではまた。
[PR]
by kazekissa | 2014-05-29 09:23 | 日記