イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9/29 トークライブ 生配信決定!!

いよいよ明日、9月29日(日)に開催されるCentral67の木村さんとのトークショー、おかげ様で満席となりましたが、会場の日本デザイナー学院さまのご厚意で、なんとUSTREAMにて生配信されることになりました。木村さんのお話を聴けるのはたいへん貴重な機会ですので、全国のCDジャケットデザインに興味のある方はもちろん、スピッツや椎名林檎さんのファンの方まで、ぜひご覧下さい。宜しくお願い致します。

木村豊×中村佑介 スペシャルトークライブ
【日時】2013年9月29日(日)/14:00~16:00
【出演】木村豊(central67)、中村佑介(イラストレーター) 【司会】季刊エス編集部
【生放送アドレス】http://www.ustream.tv/channel/ndglive/
※ネット中継用回線ではない為、当日は音声や画像が乱れる場合がある事をご了承下さい。



Live streaming video by Ustream

【木村豊(きむらゆたか)】日本のデザイナー、アートディレクター。1995年にデザイン事務所・Central67を設立。スピッツ、椎名林檎、東京事変、木村カエラ、SUPERCAR、メレンゲ、ユニコーン等数多くのCDジャケットやPVを手掛ける。http://central67.wipe.vc/
b0102637_039166.jpg

[PR]
by kazekissa | 2013-09-29 00:40 | 告知

お知らせまとめ

先日お伝えした通り、9月29日(日)に東京で行われるCentral67の木村豊さんとのトークショー、僕も高校時代から現在に至るまで、ずっと憧れている方なのでとても楽しみなのですが、大阪でもこれまた楽しみなトークショーにお招きいただきました。まずは概要からご覧ください。

トークイベント『今昔科学語~イラストの章
b0102637_21582132.jpg
【会場】大阪・なんば紅鶴 (地図はコチラ
    大阪府大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F
    ※南海なんば駅より南海通り東へ180m、各線日本橋駅より120m
【日時】2013年10月5日(土)18:30開場/19:00開演
【入場料】1000円(+1ドリンク) 当日券のみで、前売り予約は行っておりません
【出演】Bカシワギ/アニワギ博士/中村佑介
【内容】科学者 VS イラストレーターのトークライブ1本勝負!!

出演者を見ればわかる通り、いつも講演会の司会でお馴染みの柏木くんのイベントなのですが、これは彼と科学者のお兄様が配信しているラジオ番組青春あるでひどの公開収録も兼ねていて、その科学者・アニワギ博士と一緒に、イラストを、またイラストレーターのなり方を科学的に解明して行こうという2時間です。講演会以上に絵の内容、解説、仕事の概要をユニークな角度からお話ししますので、関西近辺の方はぜひこちらにお越し下さい。


科学といえば、高校の頃もっとも苦手な科目で、こちらも負けず劣らず苦手だったのが音楽の授業。それなのに本年度使われている音楽の教科書『高校生の音楽1』に続き、来年度使われる高校生の音楽2の表紙も担当させて頂きました。
b0102637_2274319.jpg
前回はモーツァルトが、今回はベートーヴェンをテーマに描き、それはそのまま教科書のテーマにもなっております。この『高校生の音楽2』(教育芸術社)は、今年使用した1年生はそのまま引き続きだと思いますので、もしお使いの方いらっしゃいましたら、来年1年間もどうぞよろしくお願い致します。もし一般の方で手に入れたい方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、各都道府県にある全国教科書供給協会、もしくは来年新学期がはじまる前あたりに大型書店にお問い合わせ下さい。


音楽の本といえば、こちらも忘れてはいけません。ぴあから発売されたASIAN KUNG-FU GENERATION-The Memories 2003-2013
b0102637_2220981.jpg
ASIAN KUNG-FU GENERATION-The Memories 2003-2013
ぴあ/ムック/2013.9.9発売/1200円

これはASIAN KUNG-FU GENERATIONのデビュー10周年を記念して刊行されたもので、アジカンメンバーのインタビュー、歴代の写真、ディスコグラフィー、ライブ履歴、ゆかりのものなどなど、この10年をぐるり見渡せる内容です。僕も22ページに渡り、ロングインタビューとこれまでの全ジャケット、初公開のラフ案の掲載として参加しております。どれくらいロングで熱く語ったかと言うと、
b0102637_22305644.jpg
これくらい(笑)
もう首のピップマグネループを外すのも忘れていたほどでしたので、僕のアジカン関連のインタビューの中では一番読み応えあると思います。またラフのコーナーは#4まであり、このように結局ジャケットには活かされなかったアイデアのものも多数あります。
b0102637_22291176.jpg
"ラフ"とは本来、レコード会社とメンバーに完成予想図として見せる為だけに作成する音楽でいうところの"デモテープ"のようなものですので、ほとんどの方がはじめて見るものばかりだと思います。そのような盛りだくさんの内容ですので、書店で見かけた際はぜひお手に取ってご覧ください。


そして自分のバンド・セイルズも来年1月発売のニューアルバムに向けて、日々制作を進めております。
b0102637_22585742.jpg
新作は『YOU』というタイトルの6曲入りで、発売に先駆け11月のカレンダーサイン会にて、無料先行シングル『薫』をお配りする予定です。そして同じくらいに、YoutubeにてPVを公開するのですが、タイトルからも何となくおわかり頂ける通り、なんとあの女優・平田薫ちゃんに主演を勤めて頂きました。
b0102637_231113.jpg
『笑っていいとも!』に出演させて頂いた時も全国波を使って公言した通り、僕はデビュー当時から薫ちゃんの大ファンで、薫ちゃんのことばかりこのブログに書いていたら、薫ちゃんのお母さまが見つけてくれて、何と仙台のサイン会に来て下さり、その後、今も飾って下さっている薫ちゃんブログのヘッドバナーを描かせて頂き、再び仙台にて今度はお父様ともお会いしました。長々と説明しましたが、一言で要約すると、まぁストーカーですね、はい。

この先行シングルである『薫』という楽曲自体は、邦画『サイドカーに犬』の主人公・薫のことを歌っているのですが、今回PV撮影をするにあたって、せっかく平田薫ちゃんに出演して頂けるのだからと、監督になり絵コンテを書いて、ストーリーを一から練り直しました。
b0102637_23121454.jpg
この18枚ある絵コンテはせっかくなので、またPVを公開した後、どこかで観れるように致します。PV撮影の風景は薫ちゃんのブログからご覧ください。

そんな訳で平田薫ちゃんの公認ストーカーに就任した訳ですが、薫ちゃんの魅力と演技力、室井千慧さんによるメイク、そしてアートヤードの撮影・編集により、ものすごいクオリティのものに仕上がってきておりますので、アルバム発売とともにそちらも楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。あ、メンバー全員も出演しております。
b0102637_2319431.jpg
撮影後、打ち上げの一幕


それにしても、今回はじめての絵コンテをそれなりに描けたのも、先日のアニメーションの経験があったからです。現在松竹系映画館で作品前に上映されている映画の中へという短いアニメーション作品。
b0102637_0315914.jpg
僕は原画を担当し、実際に動かしてくれたのはCALF(カーフ)というアニメーション制作会社なのですが、そのアニメのメイキングとCALFとの対談が、現在発売中の季刊エス第44号に掲載されております。
b0102637_0255083.jpg
また今号からは描き下ろしイラスト連載、その名も"季刊エヌ"も始まりましたので、ぜひ全国の書店にてご覧下さい。
b0102637_028361.jpg
この新作イラストは2013年11月1日発売の中村佑介 2014カレンダーにも収録されておりますので、エスが先行公開となります。


そんな風に色んなことがぐるりとつながるような今日この頃。その点が増え多角形をやがて円にできればと、この度ツイッター@kazekissa)もはじめてみましたので、もしユーザーの方いらっしゃいましたら、そちらでもご一緒出来れば幸いです。以上、最後までお読み頂きありがとうございました。良い連休を。
b0102637_0462456.jpg

[PR]
by kazekissa | 2013-09-22 22:37 | 日記

"木村豊×中村佑介 スペシャルトークライブ"のおしらせ

b0102637_16513979.jpg
2013年9月29日()14:00~16:00、東京の日本デザイナー学院にて、
デザイナーの木村豊さん(Central67)と対談形式のトークショーを行います。


『木豊×中村介 スペシャルトークライブ』

【日時】2013年9月29日(日)/14:00~16:00
【会場】日本デザイナー学院 (※地図はコチラ
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町4-16
【出演】木村豊(central67)、中村佑介(イラストレーター)、司会:吉原美歩(季刊エス編集部)
【詳細】http://www.ndg.ac.jp/blog/campuslife/event/2013/09/929.html
【お問い合わせ】Tel / 03-3770-5581

b0102637_17102558.jpg
以前、季刊エスの対談コーナーの際に描かせて頂いた木村さんの似顔絵

木村さんといえば、ユニコーン、スーパーカー、フジファブリック、 メレンゲ、
椎名林檎、東京事変、木村カエラ、ふくろうず…等々の数多くのCDジャケット、
そしてPVまでも手掛けられているデザイナー・アートディレクターで、
その洗練されたデザイン感覚、独自の世界観、騙し絵的な遊び心に、
僕も青春時代から今日に至るまで、多大なる影響を受けております。
おそらく皆さまのご自宅にあるCDの何枚かのクレジットには、
"木村豊(Central67)"の文字が見つかるはずです。

http://central67.wipe.vc/

その中でも特に有名なのがスピッツの印象的な一連のジャケットで、
僕もずっとASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットを手掛けているので、
当日は"バンド×アートワーク"という共通点で面白いお話しが出来ると思います。
ちなみに会場である日本デザイナー学院は木村さんの母校でもあります。

入場は無料ですが、一般観覧は限定50名と座席数に限りがございますので、
ご興味のある方はリンク先下部にある応募フォームからお早めにお申し込み下さい。
たくさんのご来場、心よりお待ちしております。宜しくお願い致します。
[PR]
by kazekissa | 2013-09-19 17:01 | 告知

『中村佑介2014カレンダー』発売

「今年も半年を過ぎたけどうちの壁に貼ってあるカレンダー、まだ3月で止まったままだよ。」
そんな言葉をファンの方や、友人から言われる度に、とてもありがたく、かつ面目ない気持ちで一杯になっておりました。描いてきた絵はたくさんあるので、発売しようと思ったら出来たものの、癖のように特に意味も考えず、流れるままに毎年カレンダーを出すことにふと疑問に持ったのでした。というのも、カレンダーというものは本とは違い、晴れた日も雨の日も、嬉しい日もあれば悲しい日だって、365日毎日見なければいけないものです。そんな大役には、こちらも長い時間をかけて作った耐久性のあるもので応える必要があると考えました。そしてカレンダーが止まった月である3月から半年間という時間をかけてようやく完成しました。

中村佑介 2014 カレンダーを2013年11月1日(金)に全国の書店、通信販売で発売致します。
b0102637_132374.jpg
中村佑介 2014 カレンダー
2013年11月1日(金)発売/飛鳥新社/1000円(税込)
A3サイズ/カラー全13ページ/ISBN:9784864102643
http://www.amazon.co.jp/dp/4864102643


待っていて下さった皆さま、本当にお待たせいたしました。
内容はさだまさしさん、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ゲントウキのCDジャケットをはじめ、
b0102637_135394.jpg
音楽の教科書や小学館『きらら』、ベネッセ『マナビジョンブック』などの書籍表紙、そしてカバーも含めた描き下ろし新作2点から懐かしい作品たちまで、各季節にピッタリと合わせた絵を配しました。
b0102637_133512.jpg
CDや本になった時は小さかった絵も、A3サイズ(29.7×42cm)なので、本来の原画の大きさで細かい部分までご覧頂くことができます。大きさに加え、紙もしっかりとした厚みで、毎月綺麗に切り取れるようになっておりますので、特に銀色のピカッとした特色を使用している表紙は、2014年がはじまってもポスターとしてどこかに貼って頂けると嬉しいです。また、「音楽の教科書」は発表した時にたくさんの感想を頂いたものの、結局高校1年生以外は実物を手にすることは難しかったので、この機会にぜひお楽しみ下さい。

そしてデザインに関しても、画集『Blue』や、今回も収録されているさだまさしさんのベストアルバム『天晴』も手掛けて下さった前川景介氏によって、かっこいい、かわいいだけではなく、きちんと使いやすい機能性も兼ね備えた美しいデザインに仕上げて頂きました。
b0102637_13560.jpg
サンプル画像です。実際の商品には"SAMPLE IMAGE"の文字は入りません。

それに加え、今回はポストカードブック『RED』の時にもご好評を頂いた作品に対するコメントも、各月に載せておりますので、毎月めくる時に「ふむふむ」とお読み頂ければ幸いです。表紙イラストについても思い入れが深く、言いたいことがたくさんあるのですが、それは各月のコメントとは別に、いつもの"まえがき"に記しておきましたので、実際に手に取った方からお読み下さいませ。

ということで、再来月の2013年11月1日(金)に発売する『中村佑介 2014 カレンダー』。値段は税込1000円で、只今Amazonをはじめとした通販サイトにて予約開始しているのですが、年末から年始にかけて、また全国の書店にてサイン会を開催しますので、そのスケジュールが決まるまで、もうしばらくお待ちください。47都道府県ぜんぶは難しいですが、ここ最近ご無沙汰してしまっていた県を優先的に回れるように只今調整中です。詳細が決まり次第、また当ブログにて一早くアナウンス致します。

以上、来年回り年の中村佑介から、『年男 2014 カレンダー』発売のおしらせでした。
よろしくお願い申し上げ馬す。
[PR]
by kazekissa | 2013-09-06 01:04 | 日記