イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

若干有料の方のライン

降るたび涼しくなるので、雨は秋の足音のよう。秋と言えば読書ということで最近は良く本を読んでいる。自分でも本を出しており、出版社と本屋さんにはたくさんお世話になっているので、きちんと業界にお金が周るように、書籍は意識的にすべて新品で買うようにしているのだが、読者の中にはブックオフや古本市場を利用している人も少なくないだろう。僕も決められたお小遣いでやりくりしていた学生時代には随分利用させてもらったし、今でも読まなくなった本を引き取ってもらうことも時々ある。そしてもうひとつ、絶版している本を探す時だ。

今回手に取ったのはナンシー関:著『何様のつもり』(角川文庫)。
b0102637_19384553.jpg
"ナンシー関"という名前を聞いて、「あぁ」という方は僕と同世代か、10年未満年上の方だろう。というのもナンシーさんは、39歳という若さでお亡くなりになったので、主に90年~00年代というピンスポットで活躍していたコラムニストだからだ。若い方でもこの本の表紙にもある芸能人の似顔絵の消しゴムハンコくらいは見たことがあるかもしれないが、ちょうど今のマツコデラックスさんを想像してもらうとわかりやすいと思う。マツコさんはテレビに出てそれを喋っているが、ナンシーさんは雑誌などで文章という形で毒舌芸能批評を続けていた。ちなみにナンシーさんがお亡くなりになる少し前に、お二人はまるでバトンタッチするように雑誌で対談している。

と言っても、今回はナンシーさんでもマツコさんでもなく古本についてのお話である。古本の良さは何も安さだけでなく、ロマンがあるところだろう。本に残っている前の持ち主の家や煙草の匂いも風情があるが、とりわけ僕が好きなのは"ライン"だ。無料通話アプリの話ではなく、有料通話アプリというべき代物。特に学術書などに多く見受けられるが、自分の重要だと感じた文章の横に引かれた蛍光ペンのライン。それはその人の身になったから売ったのだろうか?それとも夢半ばに破れ、その思いを振り切るように売ったのか。まぁどちらにせよ、この『何様のつもり』は芸能人批評コラムなのでラインとは無縁だろうと本を開けて見ると、何と早速引かれていた。しかも重要なのかどうか良くわからない箇所にだ。

例えば"困って意味なく会場にいる緒方拳をうつしたりしていた"や、"ウチのシロのドッグフードをビタワンからペティグリーチャムに変えてみたの"などなど、コラムの中でも特に重要ではない箇所。挙句の果てには"全ページ「だからどうした」の集大成である"という横に引かれたラインこそ、"だからどうした"のだろうか。他にもシンガーソングライターの槇原敬之さんに関する回のコラムで、槇原さんとイメージが似ている当時の歌手として、大事MANブラザーズバンド、沢田知可子さんなどが挙げられ、最後に"あと名前忘れたが『ほっとけないよ』とか歌っている男"と書かれた部分の横にやはりラインがしてあり、横に鉛筆で小さく"KAN"と書かれていた。
b0102637_194096.jpg
そこでようやく理解した。この持ち主、ナンシーさんと会話していたのだ。これまでの意味不明な箇所のラインは、「笑っていいとも!」の"そうですね~"のように、ナンシーさんの文章に対する拍手や笑い声、そして相槌のようなもので、最後の"名前忘れたが~"の部分はクイズコーナーだったのだ。この感覚、どこかで味わったことある…そうだ、ニコニコ動画だ。

元々、ナンシー関さんに最近になって興味を持ったのも、ニコニコ動画に出演されていた精神科医の斎藤環さんが好きになり、斎藤さんも関わっている『ヤンキー文化論序説』(五十嵐太郎:著)でナンシー関さんの話が何度も出て来たのがきっかけである。ちなみにナンシーさんが活躍されていた90~00年代に僕は彼女の存在は知らず、テレビゲームばっかりやっていたので、そのあたりは現在発売中のザ・テレビジョンCOLORS vol.2 BLUEに載っている僕のインタビューを読んでほしいのだが、ナンシーさんが生きていたらこのネット上にある表紙画像から見えるジャニーズ事務所の肖像権に対する徹底的管理姿勢をどう書いただろう。ちなみに書店で並んでいるものは嵐の大野智さんがきちんと写っている。
b0102637_1943875.jpg

話を戻そう。ニコニコ動画は元々、岡田斗司夫さんや宮台真司さん、東浩紀さんや村上隆さんなどの討論番組が好きで見始め、その最大の特徴である画面に表示される視聴者コメントは消して見ていたものの、特に岡田さんの番組に顕著だが、コメント込みでひとつの番組になっていることに最近ようやく気付き、もっと好きになったメディアだ。そのコメントに見える"88888"という拍手や突っ込みが、この古本に引かれたラインにとてもよく似ているのだ。しかしひとつだけ言わせてほしい。『ほっとけないよ』を歌っていたのはKANさんとは別人だ。だから僕は、前の持ち主が書いた"KAN"の横にさらに線を引き、"違います。それは楠瀬誠志郎さんです"と注意書きを加え、今はなきナンシーさんを交えた見ず知らずの3人で秋の夜長を楽しもうと思う。



追伸/文中に出て来た『ヤンキー文化論序説』とはこの本です。
b0102637_2011794.jpg
タレント・モデルのユージさんのラジオ番組にゲスト出演させて頂いた時の1枚。その模様は明日、8月31日(土)21:00~23:00に放送されるインターFM『TECHNOS COLLEGE Young Bloodにて。11月発売の『中村佑介 2014年カレンダー』や、来年発売予定の2冊目の画集など、重要な告知も兼ねておりますので、関東近辺の方はぜひ、ラジオやradikoでお聞きください。『ヤンキー文化論~』の方はまだ絶版しておりませんので、気になった方は古本ではなく書店にてお買い求め下さい。そこんとこ夜露死苦お願い致します。
[PR]
by kazekissa | 2013-08-30 19:05 | 日記

2225875883

前記事から間髪入れずに続いて告知コーナー。近々あるイベントと、最近描いたイラストの紹介です。

まずは8月22日(木)の夜19時半より、なんば紅鶴にて、約1年ぶりのトークライブ『中村佑介の本日休業』を開催致します。
b0102637_7414182.jpg
講演会の延長戦、または番外編のような内容で、大阪で2年ほど定期的に続いているライブなのですが、今回が最終回となりますので、はじめての方も遠ざかっていた方も、ぜひご来場頂ければ幸いです。詳細は以下になります。

『中村佑介の本日休業~最終回』

【日時】2013年8月22日(木) 19:30開演
【会場】なんば紅鶴(べにつる) 地図はコチラ
大阪府大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F
【出演】中村佑介/B・カシワギ
【入場料】1000円(+1ドリンク別)
当日券のみで19:00から先着順に入場して頂きます。



そしてその3日後の8月25日(には、今度は東京にて、タレントのユージさんがMCを務めるインターFMのラジオ番組TECHNOS COLLEGE Young Bloodの公開収録にゲスト出演させて頂き、現在閲覧者30組60名を現在募集中です。詳細は以下になります。
b0102637_748870.jpg
【公開収録日】2013年8月25日(
【時  間】14:30開場 / 15:00開演
【応募締切】2013年8月23日(金) 19時まで
【会  場】総合学院テクノスカレッジ 地図はコチラ
〒184-8543 東京都小金井市前原町5-1-29

イラストレーターになった経緯や、これまでの作品、また仕事の裏側などなど、おそらくいつもの講演会のような内容をお話しさせて頂くと思いますので、アートに興味のある方、イラストレーターを目指している方、ラジオ好きの方、ユージさんにお会いしたい方などなど、閲覧希望者はお名前・年齢をご記載の上、yb761@interfm.jpまでご応募ください。なお、携帯電話などでドメイン指定で受信を拒否されている方は、"interfm.jp"のドメインを受信できる設定に変更してからご応募をお願いいたします。



また同日25日(日)に大阪OCAでは、サイン会や講演会の司会でもお馴染み、友達のイラストレーター・真理藻ちゃんの初の講演会が開催されます。彼女は元々、コナミでポップンミュージックのイラストを描いていたり、バンド・アーバンギャルドのイラストも手掛けておりますので、そのあたりが好きな方、目指している方はとても良い話が聞けると思います。詳細は以下です。

『イラストレーター真理藻先生特別講義』

【日時】2013年8月25日( 13:30~15:00
【会場】大阪コミュニケーションアート専門学校 地図はコチラ
〒550-0014 大阪市西区北堀江2-9-14
【お問い合わせ】フリーダイヤル:0120-121-807

高校生が対象で、入場は無料ですが事前予約が必要ですので、参加希望者はコチラからお早めにお申し込み下さい。
b0102637_8164376.jpg




そして、毎月表紙を描かせて頂いている小学館の文芸誌『きらら
b0102637_7534441.jpg
まだまだ夏真っただ中ですが、今月20日に出るのは9月号で、芸術の秋ということで、パブロ・ピカソが残した名言をテーマで表紙を描き下ろしました。ピカソ曰く「女の顔はキャンバスだ。毎日女は少しだけ若い自画像をそこに描いている」とのこと。そう考えると女性のすべてが画家であり、男性のすべてが結局は鑑賞者なのかもしれません。秋が来れば、少し涼しくなった"街"という名の美術館を覗いてみるのも良いかもしれませんね。きらら9月号は2013年8月20日(火)、全国の書店にて。試し読み、定期購読のお申し込みはコチラから。



最後に本と言えば、ブクログというサイトに登録しました。これまでイラストレーションやイラストノートの特集号の際、仕事場の背にある本やCDをもっと見たいという声をチラホラ頂きましたので、僕が持っているもの、最近買った物の中からおススメのものを文章を添えて紹介しております。
b0102637_19351114.jpg
http://booklog.jp/users/kazekissa

まだレビューが添えていてないものもありますが、現在夜な夜なコツコツと書き増やしておりますので、また定期的にチェックして頂き、なにか新しい出会いのきっかけになれば、これ幸いです。
なお意味深な数字が羅列された今回のブログ記事のタイトルの真相は、20日に書店にて『きらら』表紙を、こちらはブクログではなく、実際の本屋さんでお手に取ってお確かめ下さいませ。以上、宜しくお願い致します。
[PR]
by kazekissa | 2013-08-13 08:21 | 日記

夢をあきらめ続ける

いやぁ、暑いですね。日本中が最高気温を記録しておりますが、こちら大阪もどのくらい暑いかと申しますと、僕の仕事机にいらっしゃるホワイトレオ総司令官様の、通常は指で温めないと浮き上がらないはずの胸の紋章が、触ってもいないのに嬉し恥ずかし、いつもクッキリになっている程です。
b0102637_6125999.jpg
この人形は1980年代後期にトランスフォーマーの一種として日本で発売された"ビーストフォーマー"というシリーズのフィギュアのひとつで、とある方から先週末に頂きました。

という事で、先週末の土曜日は埼玉の東武ブックスビーンズ戸田公園店でサイン会でした。まずはお越し下さった皆さま、そして東武ブックスビーンズ戸田公園店スタッフの皆さま、本当にどうも有難うございました。
b0102637_523221.jpg
今回のサイン会は東武ブックスビーンズ新店舗開店お祝いイベントの一貫として呼んで下さり、特に何か本を出したタイミングという訳でもなかったので、「人来るんかしら?」と心配でしたが、実に100名近い方が参加して下さいました。不思議に思い、参加の経緯を聞いてみると、1位が東武ブックスビーンズによるチラシやポスターでの告知を見て。2位が新聞広告を見て。そして堂々の第3位が"ブログを見て"、うんうん…え?ブ、ブ、ブ、ブログを見て!?

正直、ブログというツールも最近はTwitterやFacebookなどに取って代わられ、コメントも日に日に少なくなってきたので、てっきりここも誰も見ていないんだろうなと、半ば趣味で更新していましたが、見てたんですね、アナタ。そして今も見てるんですね。こんにちは。どうもありがとうございます。BBSでカキコでキリバンなどは卒業してしまったこんな僕ですが、ブログという長文を書けるツールはまだまだ可能性を感じておりますので、最後の一人になるまで続けていく所存です。これからも宜しくお願い致します。という訳で今日もSNSではブロックされること間違いなしの、いつも通りの長~い文章をお届けしますね(笑)

講演会でも度々言っておりますが、僕は子供の頃から現在に至るまで、絵を描くこと自体にはあまり楽しみを見出せない性格でして、いつもイヤイヤ描いております。それでも何故続けるのかと言うと、それは単に特技であり、そして完成した絵を見た人の楽しそうな表情が見れるから。という理由で、ただそれだけが僕の仕事の楽しみなのです。だからサイン会や講演会などで、いつも絵を見て下さっている方々と接する事は、たぶん参加者にとっては"オマケ"のように感じるかもしれませんが、僕の中では、作品やサインの方が人生のオマケなのです。

例えば今回の埼玉サイン会でも6時間くらいずっとサインし続けているので、「飽きませんか?」や「疲れませんか?」などねぎらいの言葉を頂き、それはそれで嬉しい気遣いだと感じているものの、こちらから見ていると、実にユニークでパワフルな方たちばかりなので、飽きることも、疲れることもなく、いつも「え、もう終わり?」と言った印象でサイン会は幕を下ろします。

今回も、mixiのゆずコミュニティで出会い、それ以来mixiにログインしていないという、実に清いSNS使用法を実行したカップル。生物学を勉強していたけど、もう一度好きだった絵が書きたくて、専門学校に通い直している方。その逆に絵も好きだけど、学者をしている方。セーラー服を着たいけど、自意識が邪魔をして中々切れない20代女性。お姉ちゃんの友人のロシア人女性がホームステイに来てて、連日寝不足な思春期真っ只中の弟さんなどなど、ここには書ききれない程、千差万別の楽しい出会いがありました。
職業においても、やはりイラストレーターのサイン会なので、専門学校生や美大生、デザイナーの方が多いものの、元・警察官や自衛隊の卵である防衛大学校学生さんも。また年齢も、中学生から中学生の子供さんがいる世代の方まで、実に幅広い層の方々が参加して下さいました。

その中でも印象的だったのが、サイン会が終わりそうな時に、駆け込みで来て下さった方。「友達の為に代わりに!」ということでしたので、性別以外は、名前も年齢も職業も国籍もわからなかったのですが、おそらく中国から留学してきている、20代中頃の女性。もしかしたら、韓国や台湾からの方だったのかもしれませんし、日本語もとてもお上手だったのですが、これは日本人では決して浮かばない発想の言葉だなぁと、彼女の台詞が今も頭に残っています。

最初に言った通り、彼女はご友人のプレゼントの為に、画集を買って参加して下さいました。よくよく話を聞いてみると、「私の友人はいま学校の先生をしていているんですが、元々のなりたかったイラストレーターという夢を今も諦め続けているんです!」とのこと。"夢を諦めた"という表現は良く耳にしますが、"夢を諦め続ける"という表現は耳慣れないので、サインを書く手が止まってしまいました。
ですが自分の過去をよくよく思い返してみると、僕もその画集『Blue』を出すまでは、漫画家やキャラクターデザイナーという夢を"諦めた"のではなく、"諦め続けていた"なぁということで、やはり子供の頃から何十年もの歳月で塗り重ねた夢は、例えどんなに強固な砂ケシでも、頭のキャンバスからはそうすんなり消えてくれません。

僕自体はあまり流行り言葉には乗らない人間ですが、日本の中にずっといると、問題なく意味は伝わるので、疑問も持たず、当たり前だと思って日々使ってしまっている言葉というのがあって、こうして海外から来た人の方が、その状況を言葉で適格に表せることもあるのだなぁと思いました。そしてそのご友人の"諦め続けている"という現状を想うと、いても経ってもいられなくなりました。という訳で今回のブログを長々と綴っております。夢に後ろ髪を引かれている時と言うのは、目の前にあるやるべき事や、素敵なことも見落としてしまいがちです。

僕は芸術大学出身なので、周りも色んな夢を持った人がたくさんいました。ですが卒業後、第一志望の企業に入れたものの、結局人間関係がややこしくてリタイヤしてしまったり、はたまた一旦夢は置いといて、とりあえず受かった会社に就職したら、それが楽しくて今も続けてたりと、様々です。そこで感じたのが結局大切なのは人間関係なのだなぁということ。"会社"や"夢"と言っても、結局その先にいるのはどこまで行っても"人間"でしかないので、よくよく考えたら当たり前のことなのですが、それに気付いて、僕もようやく先ほど言った夢を諦め続ける作業は終えて、「イラストレーターとしてやっていこう!」と腹をくくり、出版社(飛鳥新社)に4年ほど待ってもらっていた画集『Blue』をようやく出すことにしました。
よく「最近の絵は昔のものに比べて明るいのは何故ですか?」という質問を受けますが、同じ理由です。もう周りの人はせつない顔してセーラー服着てないので、前を向いている人たちを描いて、夢や過去より素晴らしい今というものを、見逃さずにきちんと伝えていきたいなぁと考えております。結婚したのも同じ理由でした。

そこで最初に紹介したホワイトレオ総司令官のフィギュアに話は戻ります。これは今回のサイン会に参加して下さったBertoia(ベルトイア)というバンドの根岸さんから頂いたもので、少し前、とあるライブイベントの特典用バッジとして描かせてもらったBertoiaの似顔絵を気に入って下さったことから、根岸さんとの交流ははじまりました。左端が根岸さんです。
b0102637_7133517.jpg
根岸さんとはFacebook上で、音楽でも、イラストでもなく、いつもビックリマンやフィギュアや映画やゲームなど、趣味の話をしていて、今回はじめてお会いすることになり、「中村さん、好きかなぁと思って…」とカバンの中からゴソゴソと出したホワイトレオの姿を見てビックリ。それは僕が小学生の時になくしたものだったのです。それを拾って届けてくれた、という出来過ぎた話ではないものの、このシリーズはとてもマイナーで、僕の周りの同世代は誰も「そんなんあったっけ?」と言っていたので、もう2度と見ることはないんだろうなぁと思っていたので、本当に驚きと嬉しさでいっぱいになりました。
イラストレーターになっていなかったら、こんな出会いと再会はなかったのかと思うと、なんだか良かったなぁとしみじみさせて頂きました。これからも続けて行って、もっとたくさんの人たちに出会いたいなぁと思いました。相変わらず描くのは死ぬほど面倒くさいけど(笑)

だから彼女の友達も、他に進路や現状に悩んでいた方たちも、どんな道に進むにせよ、いつかそんな風に思える日が来ればいいなぁと思います。また明るい顔で再会出来る日だけを楽しみに、今日も僕は熱い部屋で絵を描こうと思います。最後まで読んで下さった方、どうもありがとうございます。最後にBertoiaのPVでもひとり楽器を弾かずゲームに打ち込んでいる根岸さんの姿をお送りして、失礼致します。


[PR]
by kazekissa | 2013-08-13 05:23 | 日記