イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ポストカードブック発売&サイン会詳細

この度、ポストカードブック『REDが発売される事となりました。
11月29日(木)に全国書店、Amazonにて販売開始されます。
b0102637_2118441.jpg
中村佑介 ポストカードブック 『RED
2012年11月29日発売/定価1,000円(税込)/飛鳥新社
http://www.amazon.co.jp/dp/486410218X

ASIAN KUNG-FU GENERATIONをはじめとしたCDジャケットから、
「夜は短し歩けよ乙女」、「四畳半神話大系」など数々の書籍表紙、
AKB48の柏木由紀さんとのコラボレーションイラスト、オリジナル作品まで、
代表作品26枚が1冊になっております。

画集やカレンダーと同様、トレモロランプ・前川景介氏によるデザインで、
26枚の絵葉書としても、1冊の本としても、可愛らしく美しい仕上がりになっており、
また、画集『Blue』について、「絵に対する説明が読みたかった」
との意見も多数頂きましたので、今回は各作品に対するコメントも掲載。
b0102637_2121355.jpg
すでにAmazonでは予約がはじまっておりますが、
11月24日(土)-25日(日)にNEW OSAKA HOTEL心斎橋にて開催される
展覧会「BODAIJU EXPO」でサイン会&トークショーを実施します。
その展覧会にて先行発売されるポストカードブック『RED』か、
画集『Blue』を当日会場にて購入された方が参加対象となります。
会場と時間の都合により、1日目は70名、2日目は100名限定となっておりますので、
参加希望の方はお早めに下記ページからご予約お願いします。

【中村佑介サイン会予約フォーム】
http://expo.bodaiju-cafe.com/nakamurayusuke/

24(土)16:00~17:00に行われるトークショーの方は
どなたでも予約不要、入場無料ですので、
そちらもたくさんのご参加、心よりお待ちしております。
詳細は上記ページをご確認ください。
また、スケジュールのご都合が合わない方も、あらためて発売後に、
三省堂・ルクア大阪店でもサイン会を実施致します。
そちらも三省堂・ルクア大阪店にて『RED』か『Blue』を購入された方が対象です。
その日程・詳細はまたあらためてお知らせ致しますね。


ポストカードブック『RED』。ポケット文庫版『Blue』として、
また大切な方へのお手紙としてご活用頂ければ幸いです。



よろしくお願い致します。
[PR]
by kazekissa | 2012-10-25 21:46 | 告知

秋場所

今年のキッチン周りにこびりついたような粘り強い残暑を雨が洗い流し、
いよいよ肌寒い季節の到来に、町はみんな長袖になりました。

秋といえば、"芸術の秋"ということで、岡山で現在開催中の林静一先生の展覧会を観に行ってきました。
b0102637_13305451.jpg
岡山といえば、竹久夢二の故郷であり、倉敷の美しい町並も相まって、僕にとっては叙情画の聖地。
そんな土地で見る「赤色エレジーから小梅ちゃんまで」と題された林先生の
100点以上の作品は、どれも息をし忘れる程美しいものばかり。
きっと林先生もあんな緊張感のある線ですから、息を止めて描いたに違いありません。
その分、キャンパスに描かれた少女たちはまるで生きているかのように、活き活きとしているのですね。
僕も少年のように夢中で見て、たくさんグッズを買い物してしまいました。
写真ではそんな興奮した僕によって少し隠れてしまっておりますが、
11月4日(日)まで岡山駅直結の"岡山シティミュージアム4階"にて開催中。
入場料は一般(高校生以上)が800円、65歳以上が700円、小・中学生は500円。
僕の絵に多大なる影響を与えて下さった先生の作品、いえ少女たちに
みんなで会いに行きましょう。詳細はコチラからご確認ください。


そしてその11月4日(日)には大阪で、僕のバンド・セイルズの久々のライブがあります。
同じく会場のartyardとゆかりの深いバンドroot13.、フラクチャーズとの3マンイベントです。
セイルズは来春発売予定の2ndミニアルバムのレコーディングに専念する為、
今年最後の関西でのライブとなり、会場では僕や五味岳久さん(from LOSTAGE)の
当日限りの展示もありますので、お誘い合わせの上、ご来場下さい。詳細は以下です。
b0102637_10423081.jpg


artyard presents
『"セイルズ+root 13.+フラクチャーズ" 3マン!!!』
【日時】2012年11月4日() 18:30開場/19:00開演
【出演】セイルズ/root13./フラクチャーズ 【料金】1,500円(+1drink)
【会場】大阪難波・artyard studio(アートヤード・スタジオ)

〒556-0016 大阪府大阪市浪速区元町1丁目2-25 A.I.R.1963ビル4F-A
TEL / 06-6585-7212 http://www.artyard.jp/artyardstudio/

セイルズ


root13.


フラクチャーズ



時系列は逆になってしまいますが、以前もお伝えした通り、
今週末は、富山大学芸術文化学部の学園祭『創己祭』にて、
富山県では初の講演会を行います。以下詳細になります。

富山大学芸術文化学部学園祭『創己祭』presents
中村佑介 講演会


【日時】2012年10月20日(土) 14:15~16:15 (※開場/13:45)
【会場】富山大学高岡キャンパス・講堂(富山県高岡市二上町180番地)
・万葉線米島口駅より徒歩約15分  ・JR高岡駅前発加越能バス(4番のりば)
「富大高岡・城光寺線」乗車、「富大高岡」バス停下車
b0102637_4542137.jpg
お車でお越しの際には大学西側の駐車場をご利用下さい。
【お問い合わせ】富山大学高岡キャンパス学生会 E-mail / g.soukisai@gmail.com

講演会にはもちろん学生以外の一般の方も入場可能で、
講演会後にはサイン会もございますので、お誘い合わせの上ご来場下さい。
今回の司会は、いつものなんば紅鶴・白鯨の柏木くんや、季刊エス編集部の女性陣ではなく、
生物学を研究しつつ絵も描いているというユニークな友人が行いますので、
僕もどんな講演会になるのか、いまからワクワクしています。
富山近辺にお住まいの方、今週末は会場でお会いしましょうね。


そして最後に、秋と言えばやはり"スポーツの秋"ということで、
20日に発刊される小学館の文芸誌「きらら」11月号の表紙を描きました。
b0102637_1132917.jpg
土俵には鍛え上げられた体格の男の子を迎えうつ、土佐犬を従えた華奢な女の子との大一番。
しかし彼の手にも仔犬がひっそり。この勝負の一体どちらが勝つのでしょうか。
「きらら」は毎月20日全国書店にて配本。バックナンバー、定期購読はコチラから。
23日(火)には林静一先生との対談が掲載された「イラストノート」No.24もいよいよ発売。
あわせて宜しくお願い致します。


以上、皆さまの秋が実りの多いものでありますように、心よりお祈りしております。
[PR]
by kazekissa | 2012-10-18 11:38 | 日記

裏ゴンボール

現在公開中のアニメ映画アシュラを観てきました。

原作漫画は『浮浪雲』、『恋子の毎日』、『銭ゲバ』で有名なジョージ秋山先生作。
主人公の孤児・アシュラが飢饉により荒野と化した室町時代の京都を、
まだ子供なのに一人でたくましく生きて行くという時代劇。
という、ちょうど初期『ドラゴンボール』からファンタジー色を抜いてリアルにした感じです。
b0102637_15483741.jpg
こちらは現在売っている幻冬舎文庫コミック版の表紙

1970年の連載当時、限界の飢餓状態から
村人やアシュラが人肉を食べるという過激なシーンが問題となり、
一部地域で有害指定され回収騒ぎを起こした問題作、と言われました。
しかしきちんと読んでみると、伝えたいメッセージは全く逆で
「人肉は食べてはいけない。人間なら他人に思いやりを持って生きなさい」というもの。
それは実際にアシュラのことを親身になって面倒を見た法師が自らの切り落とした腕を差し出し、
「お前が本当に人間でなく獣なら、食ってみろアシュラ!!」とすごむシーンに集約されています。

そして40年の時を経て映画化された今作。これがとても良かった。
さすがに時間の関係上、原作全巻のすべての内容はかなり編集されていますが、
見終わった後に伝わってくるメッセージの方向性は同じものでした。

映像も今主流のCGによるあっさりタッチのアニメーションながら、
その濃いアシュラの世界観を食べやすい味にする為の
バランスを取る良い役割を果たしています。

しかし、特筆すべきは何より、声。
例に出した『ドラゴンボール』の孫悟空役でお馴染みの野沢雅子さんが
主人公・アシュラを担当しており、これが圧巻。
文字通り阿修羅の如く危機迫る演技で、容赦なく観客の胸ぐらを掴みかかってくる。
声だけでこの作品のクオリティを倍以上に引き上げています。
AKB48の篠田麻里子さんがヒロイン役の声を演じ、
あまりに浮きっぷりにストーリーにまったく集中できなかった洋画『TIME』とは、
同じ目立つ声でもまったく逆の作用と言えるでしょう。
しかしアイドルやモデルとしての篠田麻里子さんは嫌いではないし、
俳優と声優は似て非なる表現形態なので、
悪いのは話題性があるという理由で彼女を声優に抜擢してしまった日本版担当…いや違う!
イカンイカン!責めちゃいかん!!そんな過ちも人間なら許せと、法師は言ったじゃないか。
ということで、この映画から学ぶことは非常に大きかったのでした。

ドラマ『銭ゲバ』やジョージ秋山作品のファンの方はもちろん、
来年18年ぶりに公開される映画『ドラゴンボールZ』が待てない方もぜひ、
劇場に自分の心というものを発見しに行ってみて下さい。必見です。

映画『アシュラ』公式サイト http://asura-movie.com/

【予告編】

[PR]
by kazekissa | 2012-10-13 16:14 | 日記

なにはなくとも神無月

10月になりました。はい、誰が何と言おうと10月です。
b0102637_1293885.jpg

というのも、こうして小学館『きらら』の表紙を毎月描かせてもらうようになってから、
季節や月日というものを特に意識して生活するようになったものの、
10月というのは一般的にハロウィンくらいしか表立ったイベントがない為、
すごくアイデアをひねり出さないといけない月で、
今回は文芸誌らしく"読書の秋"をテーマに無事うまく描けましたが、毎年悩んで早3年。
と同時に、「今年のカレンダー、もう…たった3枚!?」と驚く季節でもあります。
もしかしたら、ハロウィンのカボチャくんもそういう感情で
あんぐり口を開けているのかもしれませんね。

と言っても、僕のカレンダーは来年の3月まであるので、
残り6枚、ようやく半分を切ったところですね。(コチラでは値段も半分!!)
来年(2013年度)も、4月はじまりのものを発売しますので、
カレンダーどうしようと考えている方は、ゆっくりお待ち頂ければと思います。


同じく小学館から昨日発売されたビッグコミックスピリッツ』第45号で、
以前、AKB48の柏木由紀さんとコラボレーションさせて頂いた作品が、
本年度のAKB関連グラビアで第一位の支持率を獲得したと発表され、
同じ作品の絵柄の特製トレーディングカードが付録についております。
投票頂いた方々、この場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございました。
b0102637_1404452.jpg
実はこの企画はあのAKB総選挙とちょうど同じ期間に制作していたので、
僕も「1位になれ~!!」という念を送りながらテレビにくぎ付けで、
夢中になり過ぎて結果締切を遅れてしまったほど。
そして惜しくも3位という結果になったことを知り、
そんな状況の彼女に対してどんな絵を描けば良いのかと、
筆を置いて、少し悩み込んでしましました。
そこで僕が思ったのは、また次の機会には、「やっぱり一位!」という
思いきり明るい色合いの、左手の人さし指を「1」とした絵にしました。

という僕としても思い入れの強い企画だったので、
こうしてスピリッツ部門で念願の1位に輝いたこと、うれしく思いました。
天性の遅刻癖で念力まで遅れたけど、きちんと届いたのかもしれないと、
胸をなでおろした次第です。柏木さん、おめでとうございます。
b0102637_233544.jpg
そんなグラビアがあしらわれた限定トレーディングカードも特別付録についている
スピリッツ第45号(340円)、好評発売中ですので、前回気に入って下さった方も、
「買い逃した~」という方も、ぜひお近くの書店やコンビニでお買い求め頂ければ幸いです。
b0102637_1562428.jpg



そして、10月といえば"芸術の秋"ということで、
富山大学芸術文化学部の学園祭『創己祭』にて、
富山県では初の講演会を行います。以下詳細になります。

富山大学芸術文化学部学園祭『創己祭』presents
中村佑介 講演会


【日時】2012年10月20日(土) 14:15~16:15 (※開場/13:45)
【会場】富山大学高岡キャンパス・講堂(富山県高岡市二上町180番地)
・万葉線米島口駅より徒歩約15分  ・JR高岡駅前発加越能バス(4番のりば)
「富大高岡・城光寺線」乗車、「富大高岡」バス停下車
b0102637_4542137.jpg
お車でお越しの際には大学西側の駐車場をご利用下さい。

講演会にはもちろん学生以外の一般の方も入場可能で、
サイン会もありますので、お誘い合わせの上ご来場下さい。
今回の司会は、いつものなんば紅鶴・白鯨の柏木くんや、飛鳥新社編集部の女性陣ではなく、
生物学を研究しつつ絵も描いているというユニークな友人が行いますので、
僕もどんな講演会になるのか、いまからワクワクしています。
富山近辺にお住まいの方、会場でお会いしましょうね。

他にも11月4日(日)に大阪artyard STUDIOにて、
セイルズ、root 13.フラクチャーズでの3マンライブがあったり、
こんなイベントにも参加しますが、これはまた次回記事で改めてお知らせ致します。


そして以前お伝えしていた林静一先生との対談が掲載された
イラストノート』No.24の詳細も出ましたので、お知らせしておきます。
b0102637_374098.jpg
イラストノート No.24
2012年10月23日(火)発売/誠文堂新光社/1890円(税込)
b0102637_3101671.jpg
中村佑介 × 林静一 スペシャル対談
少女たちが呼び起こすのは 心の奥に息づく青春の記憶

1960 年代の後半から“ 竹久夢二の再来” と呼ばれ、日本を代表する美人画の旗手として数多くの作品を描いてきた林静一。2000 年代の初頭にイラストレーションの世界へ登場し、個性的な美しい少女の絵で知られる中村佑介。同じ系譜に連なる両者は、それぞれどんなことを考えているのだろう。はじめての顔合わせとなる特別対談をお届けする。
(写真:戸室健介 構成:永井健人 文:重藤貴志)
b0102637_3141916.jpg
ロッテ「小梅」の小梅ちゃんとmeiji「果汁グミ」のメグミちゃんの対比や、
竹久夢二をはじめとしたイラストレーターの話題、新旧イラストを交えながらお互いの印象、
今と昔のイラストレーションについてなど、カラー8ページに渡って内容の濃い大特集です。
お近くに取り扱っている大型書店がない場合は、Amazonからもお買い求めいただけます。
まだ気が早いかもしれませんが、今年一番うれしかった対談で、
僕のイラストレーター人生において確実に重要な出来事でしたので、
ぜひ呼んで頂きたい1冊です。10月23日(火)発売です。宜しくお願い致します。
b0102637_3185223.jpg



最後に秋といえばお月見ということで、最近描いた絵を1枚。
b0102637_3214997.jpg
妻の27回目の誕生日プレゼントに添えた手紙のイラストです。
彼女は子供の頃に見始めたアニメ『セーラームーン』が好き過ぎて、
DVD-BOXを見ながら、誰からも頼まれていないのに受験生並に各話のレポートを描き、
最近はセーラー戦士それぞれの楽曲も多重録音で作り始めました。
「27になったんだし、そろそろ情熱が届いて、セーラームーンになれるといいね」という願いを込めて。
あっちゃんは僕のバンド・セイルズのメンバー(アコーディオン)でもあるのですが、
もはやライブ告知は当日まで一切なく、完全にセーラームーンブログと化したコチラ
興味ある方、好きだった方はぜひ秋の夜長の友にどうぞ。


ということで、最後まで読んで下さった方、どうもありがとうございました。
結構たくさんありましたね、10月。来年は苦労しなさそうです。
[PR]
by kazekissa | 2012-10-07 01:58 | 日記