イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

出来ないことは良いことだ (後編)

そんな風に梅嫌いのまま、大人になり、イラストレーターになった僕だが、
もうひとつどうしても苦手なものがボーリングだった。

絵や小説や漫画、アニメ、ゲーム、映画などが好きな、
いわゆる文科系タイプは「元々運動が苦手だったので…」という人が少なくないだろう。
しかしいくら運動が苦手な方でも、小中学校の卒業式の帰りにみんなで
ボーリングくらいには寄ったことはあるだろう。
かくゆう僕は小学校~中学校まで、サッカー、水泳、卓球、剣道などをやっていて、
運動に対する苦手意識は特になかったのだが、
小学校3年生の時に父親に連れて行ってもらった
はじめてのボーリング体験の一投目がガーターで、
負けず嫌いの性格が「こんなもの一生やらない」と言わせ、
頑固な性格が故に、「あんな玉を転がして棒を倒すような原始的な行動は
この文明社会に生きる人間のやるべきことではない!」だの、
「ただの下ネタやん。玉と棒ならもう間に合ってます!」だの、
屁理屈ばかりをこねているうちに、2投目を投げることなく30過ぎになってしまった。

一方、ボーリング以外にも現実のそういうゲームは、
この歳になれば、余程のことがないとやることがなくなるが、
テレビの中でのゲームはよくやっている。
最近はまったのがX-BOX360を購入した時についてきた「塊魂」という、
雪だるまのように町中のものを巻き込んで行き、どんどん大きくするという単純なゲーム。

そのシリーズが他の機種でも出てると知り、いまさらプレイステーション2を購入し
iPodtouchのゲームでも2作品出ているので、それも購入し、
昔使っていた携帯電話を引っ張り出し、SIMカードを入れ替えて、
携帯アプリ版もプレイ。塊魂シリーズはすべてやりつくしてしまった。
それでも僕の玉ころがし欲はとどまることを知らず、
「わるいこはいねーかー?」という秋田県のなまはげの如く、
「他に転がせるものはねーかー?」とワナワナしていると、
妻が「だったらボーリング行けばいいじゃん」と提案。
すっかりボーリングなどこの世からなかったことにしていたので、
それに対する憎悪も忘れていて、「その手があったか」と行くことにした。

しかし、34年間溜まりに溜まっていたボーリングに対する熱はとどまることを知らず、
そこから毎日毎日行くことになった。妻も自分が提案してしまった手前、
泣く泣く付き合ってくれていたのだが、先に悲鳴を上げたのは僕の身体だった。
日頃運動不足だった身体がいきなりの運動でビックリして、
汗を出す機能が追い付かず、蕁麻疹を起こしてしまったのだ。
医者に行くと、薬とともに「完治するまでボーリングは禁止です」という言葉が渡された。
「大人しく得意な絵だけを描いていれば良かったのに、
やはり、慣れないことはすべきじゃなかった…」とひどく落ち込んだ。

そんなある日、雑誌「イラストノート」から対談の企画が上がった。
これまでもたくさんさせてもらい、季刊エスにはコーナーも持たせてもらっている程、
対談は大好きなのだが、その相手として真っ先に頭に浮かびながらも、
出来なかった方がいた。避けてきたという方が近いのかもしれない。
それが林静一先生だった。


女の子のイラストレーションを描くにあたって、
新旧問わずたくさんのイラストレーターや画家や漫画家の方達の作風を研究してきたが、
その中でも、最初にお手本とし、一番大きな影響を受けたのが林先生なので、
プロという同じ土俵に上がってしまってからは、
どうやったら先生がしていないアプローチが出来るかをずっと探していた10年だった。
それくらい林先生の絵は僕にとって完璧すぎたのだ。

だからこそ「もっと一人前にならなきゃお逢いできない!」と思い、
その機会をずっと我慢してきた気持ちは、それこそ、
前編で紹介したあのレコードジャケットの煙のように、イラストの端々から漏れていた。
横顔の少女という共通点が大きすぎて、あまり気付かれないが、
何を隠そう、僕の描く水しぶきの形は大体、「ゆでめん」へのオマージュになっている。
b0102637_96875.jpg
左:中村佑介"小学館「きらら」2012年9月号"表紙/右:林静一"はっぴぃえんど「ゆでめん」"ジャケット
他にもたくさんあるので、ぜひ画集を持っている方は過去作品からその漏れた想いを探してほしい。
そして、その画集『Blue』のタイトルは"青春"の意味で、
あとがきにも書いている通り、そこからの卒業を意識した本として、
それまでの作品を全てまとめて出版した。僕にとってはそれは、
子供が親から自立するように、林先生を追いかける事からの卒業の儀式でもあると考え、
最後に描いた表紙は、林先生の中でも一番大好きな「ひなあそび」という絵と同じポーズにした。
b0102637_9182771.jpg
右:林静一"ひなあそび" / 右:中村佑介"画集「Blue」"表紙

そこから3年、ようやく最近になって、
自分のこれから描いていきたい方向性が見つかり、
雑誌イラストノートから対談の企画を頂いたので、
「林静一さんとお逢いしたいです!!」と答えた。

そして先日、イラストレーターになって10年、
小梅ちゃんと目が合ってから20年以上の時を経て、
とうとう憧れの林静一先生にお会い出来ることになった。

実際お逢いした林先生は、想像よりもっと楽しく、柔らかく、大きな方で、
絵ももちろん大好きだが、林先生のことがもっと大好きになった。
誌面ではカットされるかもしれないが、ふとしたことからボーリングの話題になり、
林先生もこれまでの人生で未体験で、最近になってお孫さんに誘われようやくはじめたらしく、
そんなひょんな共通点から花が咲き、「出来なくって良いこともあるんだなぁ」と思った。
もちろん他にも、ほんとうに長い時間を頂き、絵のことをはじめ、
たくさんお話させて頂いたが、僕は「大好きです!」と伝えられたことが一番うれしかった。
いまだに梅は食べれないけど、それは林先生と小梅ちゃん、
お二人に向けた言葉でした。

長々となりましたが、そんな前置きのもと、
10月23日発売の雑誌「イラストノート」vol.24を楽しんで頂ければ幸いです。


最後に、この場を借りて、あらためてお逢いして下さった林静一先生、
このような貴重な機会を作って頂いたイラストノート編集部の皆さま、
これまで応援して下さった皆さま、支えてくれた家族や友人たちにお礼申し上げます。
本当にどうもありがとうございました。

これからもより一層、叙情画、イラストレーションを盛り上げるべく精進致しますので、
今後ともよろしくお願い致します。
b0102637_95515100.jpg

追伸/林先生、蕁麻疹治ったら、ボーリングご一緒させて下さい(笑)
[PR]
by kazekissa | 2012-09-29 10:01 | 日記

出来ないことは良いことだ (前編)

ゲントウキに「Abeno-music Abeno life」という曲があって、
当ブログの前題が"僕のアベノライフ"ということから、
ゲントウキファンの皆さまや、勘の良い方なら気付くかもしれないが、
ゲントウキのボーカル・ギターであり友人の田中潤さんが僕のこと、
そして僕の10年暮らしていて、田中さんとの出会いの場となった
大阪の阿倍野をテーマに作ってくれたという、とてもうれしい歌だ。

歌詞で"本職は絵描きなんだけど器用に何でもこなすヤツ"と歌われていて、
確かに絵以外にも、バンド活動やエッセイ執筆、そしてトークライブと、
割と器用な方だという自負もあるが、子供の頃からどうしても苦手で、
今もなお克服できないものは勿論ある。

ひとつは梅干し。梅干しやシソのあの独特な味がどうしても苦手で、
最近も定食屋のおじさんが「サービスしとくわ!」と言って、
ごはんにたっぷりゆかりをかけてくれた時には、
「あぁ、こんなに善意の相思相愛関係なのに、
国交関係のように、とてもかなしいすれ違いが起こっている…」
と自分の体質を嘆いたものだ。

そんな梅嫌いな僕であったので、子供時代、スーパーのお菓子売り場で
ロッテ「小梅」というキャンディを見つけた時も、過敏に反応して、
「騙されないぞ!お菓子になっても、例え小さくても、梅は梅だい!!」と
通り過ぎようとしたが、ふと振り返ると「小梅ちゃん」のパッケージに印刷している
ただの線だけのはずの少女が、かなしそうな顔をしている気がした。
b0102637_657358.gif
自分も絵は描くので、好きな漫画も上手か下手かで判断していたくらい
絵はあくまで絵(人が描いたもの)という認識が強く、
悪い言い方をすれば、絵に対してだけは冷めた目線を持った子供だった。
Hなものに興味を持ちだす頃でも、その手の入り口であるエロ漫画より
いきなり実写(アダルトビデオ)派だったくらいだ。
そんな僕がただの絵である女の子に対して
淡い恋心を抱いたのは、これがはじめての体験だったように思う。

今考えると、もしかしたらパッケージに使われている濃いピンク色の色彩効果や、
食べれないことに対する反動も助長していたのかもしれないが、
それは"卵が先か、ニワトリが先か?"論争みたく、
もう心に火がついてしまった後の僕にとっては後の祭り、
「あの女の子が"ほ"っと頬を染めている相手が僕だったらいいのになぁ。。。
大人になって梅干しを食べれるようになって、必ず迎えに行くからね!」と、
お菓子コーナーを通り過ぎる度にそう思っ…いや想っていた。

やがて大人になり、相変わらず梅干しは苦手なままだったが、
新しく好きなものが出来た。それが音楽だ。
僕が大学ではじめて一人暮らしする際に父がくれた
鈴木慶一とムーンライダース「火の玉ボーイ」のレコードがきっかけで、
昔の日本の音楽に興味が出てきて、
その中でも特にはっぴぃえんどというバンドが好きになった。
b0102637_7103618.jpg
のちに松田聖子やキンキキッズなどなど数多くの名曲を産み出した
作詞家の松本隆さんがドラムとして在籍していたバンドで、
メンバーはほかにも、細野晴臣、大瀧詠一、鈴木茂と、
いまなお日本の音楽シーンの最先端に君臨する方々が一堂に会している
伝説のバンドだ。ということは後に知った。

というのも、僕が好きになったきっかけはジャケットだった。
それは通称「ゆでめん」と呼ばれるファーストアルバムのジャケットで、
木版画とも劇画とも取れるようなリアルなタッチで描かれた日本風景と、
コミカルにディフォルメされた煙突から出る煙との対比、
一歩間違えたらナンセンスになりえるギリギリのセンスの絵にくぎ付けになった。
そして中身を聴いても、それはそのまま、当時のはっぴぃえんどの音楽性や
時代のムードを的確に表していて、ますますそのジャケットが好きなり、
調べてみると"林静一"という方が描いているのだと知った。

そう、あの僕の愛しのジュリエットこと、小梅ちゃんの作者だったのである。
b0102637_657392.jpg
さらに調べるとイラストレーターだと思っていた林静一さんは昔、
ガロというアングラ誌で「赤色エレジー」という漫画も描いていたらしい。
ということで「赤色~」はもちろん、つげ義春さんや、鈴木扇二さんなど、
他のガロ作家の漫画も読むようになった。
どの作品も、今まで読んできたどの漫画より繊細な感性が表現されていて
衝撃を受けたと同時に、これが"アングラ"だと言われていることがとてももどかしく思った。
松本隆さんがアングラなイメージのはっぴぃえんどから、
対極に位置する歌謡ヒット曲の作詞家になったように、
僕もストーリーを構築するのは苦手なので漫画家は無理だけど、
どうにかしてこの世界観をもっとみんなに知ってほしいと思い、
大学を卒業する頃、僕はイラストレーターを目指すようになっていた。


一方、そんなきっかけで好きになったはっぴぃえんどだったが、
伝説と言っても、オリジナルアルバムはわずか3枚しか存在していなかったので、
「あんな風に日本語がビンビンにとがった音楽をやっている他のバンドはいないのかなぁ」と
探していたところ、当時インディーズで活動していたゲントウキの音楽に出会った。

お互い大阪で活動していたこともあり、ライブに行ったり、
展覧会に来てもらったり、遊びに行ったり、一緒にエロビデオを見たりする日々。
田中さんはさすがミュージシャンだけあって、
はっぴぃえんどはもちろん、新旧世界中の音楽に詳しかったが、
それと同じくらい漫画にも詳しく、"ゲントウキ"というバンド名も
ガロの漫画から名付けられたことを知った。
(※鈴木扇二「透明通信」の中にッ出てくるモチーフ)

そんなガロ通の田中さんはもちろん林静一さんのことにも詳しくて、
たいがいは「小梅ちゃんエっロいよなぁ~」といったものだったが、
時には真面目に、「いまはアマチュアやけど、お互い将来プロになって
はっぴぃえんどと林静一さんのような理想的なコラボレーションが出来たらええなぁ」
と熱く語っていた。どちらも本心だった。

そんな田中さんと僕の青春がぎゅっと詰まった"Abeno-music Abeno-life"は、
数々の名曲とともに、ゲントウキのベストアルバム『幻燈名作劇場』に収録されています。
ぜひ。
b0102637_7301346.jpg




(つづく)
[PR]
by kazekissa | 2012-09-29 07:16 | 日記

東京、大阪、名古屋、富山、九州、そしてタイ

いよいよ本日水曜日はジャケットイラストを担当した
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのニューアルバム『ランドマーク』の発売日です。
b0102637_23173349.jpg
CDショップは1日前には入荷する店舗もあるので、
もしかしたら、もう手に入れた方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回のアルバムはアジカンのアルバム史上いまだかつてない程、
問題意識を問いかける詞世界になっています。
その問題とは大雑把にいえば、"社会と自分"や"世界と自分"。
例えばこのインターネットやテレビでニュースを見ていて僕らは、
どこかその出来事を他人事に感じている部分があると思います。
知識の及ばない政治的、また科学的なこと、
ましてそれが海外のことだったらなおさらかもしれません。

まぁ、それらすべてを受け止めていたら心も身体もタイヘンなので、
元々人間の脳は、そういう忘れっぽい作りになっているのですが、
去年の3月11日に起こった地震、またそれ以降にいまも鳴りやまない数々の問題は、
まぎれもないこの日本で起こっていることで、確実に僕らひとりひとりが考えるべき問題です。
そこでジャケットは、現代でも残っている日本的で伝統あるものと、
そこからもっとも遠いと感じているような、宇宙やテクノロジーを同時に描いてみました。

とは言え、そんな難しい問題だけでなく、生活や仕事、恋愛、友達関係においても、
ああすればいい、こうすればいいという正解はまだないからこそ、
日々人と話し合い、また新しい商品や芸術が産まれてくるんだと思います。
なんとなーく、そんな風に耳を澄まして、目を凝らし、
生活の中で、この「ランドマーク」というアルバムと面と向き合って、
正解のない色々な目線をもっと持てたら素敵だなぁと思います。

僕の大好きなアーティスト・小沢健二さんの曲「天使たちのシーン」の中で、
"いつか誰もが花を愛し 歌を歌い 返事じゃない言葉を喋り出すのなら"
という詩がうたわれています。日本の返事じゃない言葉がどうか見つかりますように。


さて、話は変わって先週末に東京・阿佐ヶ谷ロフトAで行われたイベント
『中村佑介×山田参助!東の陣~最強美少女vs最強美おっさん~』、
無事終了しました。たくさんのご来場、心からお礼申し上げます。
参加して下さった皆さま、そして山田参助先生と阿佐ヶ谷ロフトAスタッフの皆さま、
本当にどうもありがとうございました。
b0102637_104075.jpg
また会場では「ショートソング」(集英社文庫)の表紙を書かせて頂いた歌人・枡野浩一さんや、
別の場所でも「謎解きはディナーのあとで」(小学館)の東川篤哉さんとお会いして、
いつもよりゆっくりとお話しができ、とっても楽しい東京の旅となりました。

さて次のイベントは来週頭、9月17日(月)の夜19:30~、
ホームグラウンドの大阪・なんば紅鶴では半年ぶりのトークライブ『本日休業』。
この日は紅鶴オーナーにして司会・柏木くん(写真左)の誕生日でもありますので、
皆さまぜひ祝杯ムードで遊びにいらして下さい。詳細は以下になります。


2012.9.17mon トークライブ『中村佑介の本日休業

忙しすぎるイラストレーター中村佑介が、心の休みを取るべく言いたい事を言いっ放し。無駄だらけの無責任イベントと思いきや、こちらが偽りのない本当の講演会!? うっかり半年ぶりの今回はなんと司会・B柏木の誕生日に開催!やっ​たー!!

【日時】9月17日(月) 開場19:00 / 開演19:30
【出演】中村佑介 / B・カシワギ
【入場料】¥1,000- (1drink別)※19時から当日券のみ
【会場】大阪・なんば紅鶴
〒542-0074 大阪府大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
(南海なんば駅より南海通り東へ180m 各線日本橋駅より120m
各千難波駅より徒歩5分 同ビル内に駐車場完備)
b0102637_10391043.jpg

予定が合わなくて来れなかった方、また他の地域にお住まいの方も、
その9月末に東京、名古屋、10月には富山でも講演会がありますので、
ぜひ、そちらの情報も更新しているFacebookページをご利用下さい。


一方、福岡では二鶴堂創業40周年ということで、こんなお土産が7年ぶりに復刻。
b0102637_1053183.jpg
実はこの"博多の女"、当時は少し違う味とデザインだったのですが、
僕のイラストレーターとしてのはじめての仕事でした。
"小梅ちゃん"や"萩の月(仙台銘菓)"のパッケージでもお馴染みの
林静一先生の影響がより色濃く出ている時期で、プロの仕事として恥ずかしい限り、
その名の通り蜂蜜とレモンのような甘酸っぱい思い出なのですが、
記念としてイラスト自体は同じもので復刻させてもらうこととなりました。

その林先生にも今月、とあるイラスト誌の対談でお会いすることになっています。
絵と言うのは実に息の長いものなので、それこそ100年以上前の絵でも
いまだに愛されていたりする中、影響を受けた方がまだ現役で活躍されていて、
こうしてお会いできるなんて、つくづく幸せだなぁと思います。

なお、この"博多の女"10月までの期間限定販売で、通信販売もしておりますので、
どうぞ福岡以外の県にお住まいの方も、ぜひそちらをご利用ください。
小さなバームクーヘンにハチミツれもんの餡が入っている
お子様でも食べやすいお菓子です。


(タイについてはまた追記します)



よろしくお願い致します。



イラストレーター/中村佑介
[PR]
by kazekissa | 2012-09-12 10:45 | 日記