イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

告知

さて、新年のごあいさつも終えたところで、次は告知に参ります。

少し考えがあり、去年末の時点ではカレンダーを出す気持ちはなかったのですが、
ファンの皆さまと、全国の書店さまから飛鳥新社へ、多数のお問い合わせがありましたので、
4月はじまりの2012(~2013)年度のカレンダーを発売することとなりました。

中村佑介 2012-2013カレンダー
飛鳥新社/A3サイズ/1000円(税込)

2012年度のカレンダーは画集『Blue』以降の絵を中心に、
あんな絵やこんな絵、お馴染みのモノがたくさん入った明るい気持ちになれるものになります。
デザインも画集や前作同様、トレモロランプの前川景介くんが、
シンプルで斬新で愛らしいものに仕上げてくれておりますので、
発売予定の2月を楽しみにお待ち頂ければと思います。
この件につきましては、詳細決まり次第、いち早くまたこちらで告知します。


カレンダーも発売される2月、セイルズ、実に久々の東京ライブがあります。

"セイルズ 「PINK」リリース記念パーティ"
b0102637_13553518.jpg
日時/2012年2月19日(日) OPEN/START 18:00/18:30~
会場/渋谷7th FLOOR(〒150-0044 渋谷区円山町2-3 O-WESTビル7F)
b0102637_1350176.jpg
出演/セイルズ GUEST: ELEKIBASS
料金/前売 2,000円(当日 2,500円)*御入場時、別途ドリンク代500円必要

【プレイガイド】
チケットぴあ Pコード:159-023 ☎ 0570-02-9999
ローソンチケット Lコード:75256 ☎ 0570-084-003
e+ http://eplus.jp
【電話チケット予約】03-3462-4466(予約受付時間:15:00~20:00)
【メールチケット予約】
info@waikikirecord.comまで、題名に<2/19チケット予約>とご記入の上、
本文にお名前、ご連絡先、 希望枚数を明記してメールお願いします。
折り返し確認のご連絡を差し上げます。
b0102637_14115934.jpg
【お問合わせ】03-3462-4466( 渋谷7th FLOOR 受付時間:15:00~20:00)

我々セイルズは昨年『Pink』という初のミニアルバムを発売し、
京都、大阪、名古屋でレコ発ライブをしたのですが、
発売元であるワイキキレコードとの相談で「東京は時期を見てやろう」と言ってる間に
半年の年月が過ぎてしましました。
その間に、曲もメンバーも増え、フルバンド編成としては実に3年ぶり、
そしてワンマンとしては初の東京ライブ。
ゆっくりと聴ける曲と、ゆったり座れるよい会場をご用意しましたので、
大阪から上京してきた良く喋るパンダを見るつもりで、
お誘い合わせの上、ぜひ遊びに来て頂ければ幸いです。
たくさんのご来場、心よりお待ちしております。


僕のように、絵を描いて音楽もやっている人は、
山本直樹先生や、浦沢直樹先生など実は結構多いのですが、
画集『Blue』のコメントも寄稿して下さった漫画家の玉置勉強先生もそのひとり。
その経験を活かし、この度青春音楽漫画「ちゃりこちんぷい」第1巻を発売されることとなり、
帯推薦文を書かせて頂きました。
b0102637_14161965.png
ちゃりこちんぷい 1 原作/坂井音太 漫画/玉置勉強 590円/集英社ヤングジャンプコミックスGJ
思い返せば玉置先生の作品とはじめて出会った『恋人プレイ』(全2巻名作!)も、
主人公はバンドをやっていたり、音楽に造詣の深い玉置先生だからこその表現もさることながら、
玉置先生といえば、やはりエロ。少年誌作品なので、直接的な表現はないのに、
沸き上がるエロチシズムと"ブルーズ"という音楽ジャンルは関係ないものではありません。

ブルーズといえば、僕の住んでいる大阪だと憂歌団が有名で、
大人向けの音楽というイメージがあるのですが、
それを好きになってしまった高校生の女の子達が、
サークルではなく(ここがミソ)、放課後の音楽室で繰り広げるブルーズ漫画。

学校生活において、なにか教室や部活に馴染めない感覚があるあなたや、
そんな胸を貼って青春と呼べなかった時代を過ごした僕らにぜひおススメしたい1冊です。
よろしくおねがいいたします。


最後に音楽といえば、デビューからずっとジャケットを手掛けているロックバンド
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの初のベストアルバム『BEST HIT AKG』が発売されました。
b0102637_14303037.jpg
それに伴い、タワーレコード渋谷店1Fでは、「アジカンミュージアム」と題し、
これまでのジャケットの巨大パネルや、原画を展示しております。
詳細はコチラ。1月24日(火)までですので、この機会にぜひ、
ビジュアルの面からも細かにしみじみ振り返って頂けると幸いです。

また、ベスト発売を記念し、スペースシャワーTVの特番にも出演します。

「V.I.P.─ASIAN KUNG-FU GENERATION─」
初回放送:1/21(土)21:00~22:00(リピート:1/27(金)21:00~ 他)


10年近く付き合ってきて、テレビでは初の彼らとの対談ですので、お見逃しなく。
スペースシャワーTVを見れない方も、見れる方も
コチラ↓にもたっぷりと対談が収録されておりますので、ぜひお読みください。
b0102637_22191997.jpg
季刊エス 第37号(2012年1月号) 飛鳥新社/1300円(税込) Amazon


以上、告知のコーナーでした。
[PR]
by kazekissa | 2012-01-18 14:46 | 告知

塵も積もれば山となる

少し遅めの新年のご挨拶になりましたが、
みなさま、あけましておめでとうございます。

今年は新居にて、近所に住む大学からの友人とおせちを食べたり、
妻と台湾へ新婚旅行に行ったりと、久々にゆっくりとしたお正月を過ごせました。

台湾旅行については改めて書くとして、久々と言えば、歯医者に行ってきました。
正確には、"妻に連れて行かれた"という方が正しいのですが、
僕は生まれてこの方、親知らずを一度抜いた時以外、
ほぼ歯医者に行ったことがありません。
それどころか人に会う時以外、ろくに歯を磨くこともしませんでした。

というのも、実家で昔犬を飼っていて、彼が毎日の歯磨きもせずに
歯医者へも行かず、健康に一生を過ごしていた姿を見て、
「本来生き物と言うのは歯磨きはしないでも良いように出来ているのだ!
歯磨きと言うのは、バレンタインデーにお菓子メーカーが
チョコレートをプレゼントしましょうと仕掛けたようなもので、
歯磨きメーカーが作りだした単なるマッチポンプの幻想なのであ~る!!」
と、謝った考えを悟ってしまったのでした。

よく考えたらそんな訳ありません。
動物社会と人間社会は摂取する食べ物も生活習慣もぜんぜん違います。
幸か不幸か、それでもたいした虫歯もなく来てしまったものですから、
こういう"歯医者に行かない人間"に、そして
"いい年して歯医者に行ったことをわざわざ新年のブログに書く人間"
になってしまったのです。

最近、大好きな芸人さんのバナナマン・日村さんが
歯医者に行き、インプラント(さし歯)にしたようです。
あの方も歯に対して無頓着で、ほぼ歯医者さんに行ったことがなかったようで、
名前の"村"の字だけではなく、髪型だけではなく、
他人とは思えない共通点に驚きましたが、妻から
「ほら日村さんもやったよ。あなたも最近テレビに出る機会もあるんだから一緒に行こう」と諭され、
重い腰を上げて、固く閉ざされていた歯医者さんのドアを叩きました。

「子供時代に痛い思いをして、あれ以来遠ざけていた」というオーソドックスな理由ではなく、
何分、僕の場合はただの無頓着だっただけなので、
見慣れない歯医者さんの機材などに若干ウキウキとしつつ、
椅子に座り、「なんかよくわからないけど、連れてこられました(笑)」などと
歯医者さんの質問に答えたのも束の間、
「じゃあとりあえず歯石取りからはじめましょう」という掛け声とともに、
(笑)は一切なくなってしまいました( )

歯石取りという言葉は歯磨きのCMで聞いたことがあったので、
なんとなくカジュアルな「ちょっとお茶してくる」的な軽いものだと思っていたのですが、
"塵も積もれば山となる"、単純計算でそれが33年分溜まっていたものですから、
「ちょっと歯石取ってくる」どころのカフェ感覚ではなかったようで、
ガッツリ、レストランのバイキング形式。

歯と歯ぐきの間を針でこじ開け、そこから石化してしまった歯の汚れをかきだす作業は
ハーフタイムを2回挟む1時間を要し、うがいをする度に出てくるのは真っ赤になった水…いや、ほぼ血。
ほんとうに痛くて痛くて堪らなかったのですが、
その女医さんが「痛いですか~?」「もう辞めますか~?」と
僕にとっては「(大の33才の大人がこれくらいのことが)痛いですか~?」
「もう(人間)辞めますか~?」と聞いてくるものですから、
そこは男のプライドが許さず、「れんれんらいじょうぶです(ぜんぜん大丈夫です)」
「いっはってくだはい(行っちゃって下さい)」とやせ我慢をして、
ようやく辛い闘いが終わた頃には、我慢する為にぎゅっと握っていた太ももは
真っ赤に腫れあがっていました。

ということで今年の目標は「毎日きちんと歯磨きする」に決定。
「塵も積もれば山となる」ということわざは歯石の方ではなく、
もう3年目に突入した小学館きららの表紙の方に踏まえたい所存です。
b0102637_1391012.jpg
本年もよろしくお願い致します。
[PR]
by kazekissa | 2012-01-18 13:10 | 日記