イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NEWS

■中村佑介の世界展 2/10まで紀伊国屋書店北海道本店2Fにて開催中(※詳細はコチラ
b0102637_9452373.jpg
b0102637_9463324.jpg
b0102637_9454783.jpg
b0102637_9474072.jpg


中村佑介公式グッズ通販サイトオープン
b0102637_9523413.jpg
新たにトートバッグ『Yellow』と『Green』も追加。画集とカレンダーはイラストサイン付きです。

■音楽サイト『ototoy』にて憧れのシンガーソングライター・徳永憲さんとの対談&S▲ILSのデモ音源配信中(無料ダウンロードは2/3まで)
b0102637_9344033.jpg


■扉絵を担当した寒竹泉美著『プローブ』STARDUST press webにて好評更新中(携帯はコチラ
b0102637_250018.jpg


■S▲ILSに新メンバー・小泉ひとし(Guitar)加入。長谷川梓沙(アコーディオン)は美容室"sono"のヘアモデル、"Irie+"のBGMを担当。
b0102637_9573056.jpg

[PR]
by kazekissa | 2011-01-30 09:48

33

その日は仕事の締切日で、無事夕方にイラストとエッセイを仕上げ、
夜はいつものようにdigmeoutART&DINERへ食事をしに行き、
大好きなここのハンバーグを注文しようとすると、
照明が暗くなり『HAPPY BIRTHDAY』の曲が流れ始めました。
毎日誰かの誕生日、そしてこの店には昔からずっと通っているので、
よく見る光景だったのですが、なんと歌っているのがBGMでなく人間、
そして歌声が近づいてくるとそこにいたのは、
セイルズのメンバーであるアコーディオンのあっちゃん、ベースの飼原さん、
そして新メンバーでギターの小泉ひとしくんと、音楽仲間でドラマーの橋本あさ子ちゃん、
いつもトークショーの司会もしてくれるライブシアター"なんば白鯨"の柏木くん、
いつもサイン会を手伝ってくれるイラストレーターの真理藻ちゃん、
そして友達の寿一、悠一、BROWNY、ちーとんがいるではないですか!
…ハッ!そうか!!今日は僕の誕生日だったんだ。
そしてこれはサプライズで用意してくれた僕の誕生日会だったんだ!!
b0102637_853265.jpg
とみんなの笑顔とは裏腹に唖然とした顔をしていると、
そこに運ばれてきたのはロウソクのついたケーキ。
しかし僕は子供の頃からケーキというものがあまり得意ではないので、
とっさにどうしよう…と思っていると明かりがつき、
よく見るとロウソクがささっていたのは巨大なハンバーグでした!
しかももっと良く見てみると、何とそれはハンバーグ以上に大好きなおしりの形をしていました。
b0102637_851571.jpg
そしてロウソクを吹き消すも、それがなかなか喉を通らなかった。
あのアントニオ猪木×ジャイアント馬場タッグ、また映画『ハットリくん+パーマン』のように
大好きなものと大好きなものが組み合わさっているというのに…

東条かれんさん(現在は"黒木いちか"名義)という
僕がひいきにしている大きなおしりをお持ちのAV女優さんがいて、
また、実録出版というおしり好き御用達のAVメーカーが発売しているラインナップの中でも、
さらにおしりに特化した『尻伝説』というシリーズがあります。
僕はそのお尻女優こと東条かれんさんと、
お尻メーカー(正しくはお尻AVメーカー)である実録出版がタッグを組むと、
想像もつかない作品が出来るんじゃないかとずっと夢見ていました。

ここをお読みになっている女性の方たちにはピンとこないと思うので、
例えば大好きなロックバンドが4つあり、
そのボーカルと、また別のバンドのギターと、また別のバンドのベースと、
そしてまた別のバンドのドラムが、一度でいいからひとつのバンドになったらなぁ。。。
と夢見たことありませんか?そんな感じです。

そしてKIDSの夢は現実へ。
すぐに"本当のタワーレコード"こと買い取りMAXでフライングゲットして見てみると、
結論から言うと、これがあまり良くなかったという、
別の意味で想像もつかなかったことが起こりました。
作品としてはクオリティが高く、なのでその責任は、
監督もメーカーも女優さんでもなく、僕にあったのです。

その作品を出す前の東条さんは自分がお尻が大きなことに
「出来れば隠したい!」というような恥じらいがあり、
そこが好きだったのですが、こうしておおっぴらに「いいでしょ!」と伝説化させられると、
あぁ…まったく勝手な男の理屈ですが、萎えてしまったんですね。
ボロいけど味が抜群!という自分だけが見つけた隠れた名店食堂が、
雑誌で特集された途端に、内装も綺麗になり値段が上がりだした、みたいな。

例え話が例え話を呼び、もう戻れないところまで来ちゃっている感がありますが、
何が言いたかったかと言うと、僕が『おしりハンバーグ』が中々食べれなかったのは、
今回は上記のような理由ではなく、うれしくて胸がいっぱいだったからでした。

なぜならその時後ろにかかっていたBGMは、
セイルズのミニアルバムから僕らの代表曲『おしりのふとん』。
しかしこのミニアルバムはまだ発売前なので、音源は誰も持っていないはず。
ということは今回流出させた犯人は、同時にこのパーティの主催者は
…そうセイルズのメンバー・あっちゃんだったのです。

あっちゃんの"あ"は、彼女の名前である"あづさ"の"あ"なのですが、
こうして長く付き合っているとそれは一流の腕前である"アコーディオン"の"あ"になり、
最近ではそれを覆すように"あほ"の"あ"だと捉えざるを得ませんでした。
そう至った経緯については、また機会があれば講談社Kissに連載している
エッセイ『女の描き方』第4回"素人モノエッセイ"をお読み頂くとして、
ここでは割愛させて頂きますが、そんなあっちゃんが頭と時間をフル回転させて
影でがんばってくれた姿を想像すると、感動したのです。
これからは"ありがとう"の"あ"っちゃんだね。
こんなにうれしかったのは産まれた時以来でした。

あっちゃん、ちーとん、飼原さん、こいちゃん、あさ子ちゃん、
柏木くん、真理藻ちゃん、BROWNY、寿一、悠一、
そして快く会場となってくれた古谷さん、やっちゃん、しんぺーをはじめとした
digmeoutART&DINERスタッフの皆さま、ほんとうにどうもありがとう。
人間模様の座席表は、川の流れのようにゆるやかに変わっていくけど、
今このメンバーでこの土地で同じ時間を過ごせていることが、僕は幸せに思います。
b0102637_873576.jpg
あさ子ちゃんに「藤木直人に似てる」と言われ気を良くするも、「いや、あの…笑ってるのに目が笑ってないところが…」と付け加えられ、思わず人生はじめて悲しみで目が笑ってしまった飼原さん
b0102637_0151992.jpg
最近はアコーディオンやボーカルだけでなくモデルの仕事もこなすあっちゃん
b0102637_86530.jpg
まるでお母さん、娘、お父さんのようなBROWNY、真理藻ちゃん、柏木くん 遠くからありがとー
b0102637_864221.jpg
幼稚園の先生・ちーとんと中学校の先生・悠一の教育者コンビ
b0102637_862973.jpg
初対面なのに、同じ携帯、同じミンティア、ということより単に同じ変態ということで意気投合した寿一とこいちゃん

みんなのおかげで、「33」は、"右と左の真ん中で~"という歌詞の欲張りなお望み通り、
おしりがふたつあるような形かと思いきや、感動でしょぼしょぼとなった僕の目の形となりました。
b0102637_8403189.jpg
とさ。


<後日談>おしりハンバーグケーキは完食し、
翌日みんなから頂いたプレゼントの包み紙をひとつひとつワクワクと開けていると、
一人だけ外側についたメッセージカードに中身の品名を書いてしまっている人がいました。
先ほどの発言訂正、やっぱり"アホ"の"あ"でした。

そんな毎日が愛おしいね。
[PR]
by kazekissa | 2011-01-30 07:39 | 日記

北海道 台湾 ワイキキ

みなさま、明けましておめでとうございます。

というより御無沙汰しておりました。
クリスマスは三重県・桑名の"なばなの里"で過ごし、
年末は白鯨で充実すればする程お客さんが引いていくイベントを開催(次回は2月25日予定)、
お正月は久々に初詣に行ったり、家族でゆっくりお節料理を食べたり、
先日は堺・北花田の紀伊国屋書店でサイン会をしたり(ありがとうございました!)、
その間に絵を描いたり、エッセイを書いたり、対談したり、テレビ出演したり、
b0102637_250018.jpg
カレンダー300冊にサインをしたりしてるうちに、気付けば1月も中旬になってしまいました。
これらのことはメモ書きとして、折を見てきちんと日記で書こうと思っております。

さて、展覧会とサイン会のお知らせです。
と言っても最近は飛鳥新社・季刊エス編集部のミポリンから
"ちょっと目を離したらすぐ全国周ってサイン会しちゃう人"呼ばわりで、
なかなかレア感もなくなってきましたが、今回は北海道での初の展覧会と、
なんと海外進出、台湾でのサイン会が決定しました!
以下詳細です。


中村佑介の世界展~札幌
東京、京都、広島に続き、2011年札幌にて展覧会を開催します。

会期:2011年1月29日(土)~ 2月10日(木)
会場:紀伊國屋書店札幌本店
トーク&サイン会:1月29日(土)(トークショー:13:00~ / サイン会:14:00~)
サイン会:1月30日(日)16:00~
※30日分の整理券の配布は終了いたしました。ありがとうございました。
お問い合わせ:011-231-2131(※電話予約:可)

2010年12月19日(日)から紀伊國屋書店札幌本店にて、
画集「Blue」か「Blueカレンダー」、あるいはグッズ1500円(税込)以上をご購入の方に
整理券を配布します。(※電話予約も可 / 011-231-2131)
画集かカレンダーを既にお持ちの方は、グッズ1500円(税込)以上をご購入下さい。
サインは、画集「Blue」か「Blueカレンダー」のみさせていただきますので、
当日は必ずどちらかを忘れずにお持ち下さい。(※色紙等にはサインは出来ません)
サイン会の日にち指定は出来ますが、時間の指定は出来ませんのでご了承下さい。




2月11日(金)台湾サイン会決定!!
b0102637_18392326.jpg

台湾在住の方、旅行に行く予定のある方、ぜひ参加下さい。
ブックフェアサイン会
日時 2月11日 (金) 19:00~
会場 台北世界貿易中心展覧1館(台北市信義路五段五号一楼)
台北ブックフェア 国際館(1号館)内  メインステージ 

紀伊國屋書店サイン会
日時 2月11日 (金) 14:30~
会場 台北紀伊國屋書店 微風店
台湾台北市松山区復興南路一段39号 微風廣場5楼 

<サイン会参加条件>
中村佑介作品集「Blue」(飛鳥新社)もしくは中村佑介カレンダー+グッズセットを
会場、紀伊國屋書店内でご購入いただいた方から先着順で。

<問い合わせ先>03-3266-9573(トーハン海外事業部:外川明宏)



台湾といえば我がバンド・セイルズのベース・飼原さんが昔仕事していた土地。
しかしそれ以前に、今月で僕は33歳になるのですが…あ、ありがとうございますありがとう
…じゃなくって、20年ほど前にこれくらいの年代だけピンポイントで流行した
"キョンシーブーム"というのがありました。
中国の吸血鬼のようなもので、手を前に出してピョンピョン飛ぶバイオハザードです。
b0102637_19424537.jpg
僕より上の年代の方たちには、元祖である『霊幻道士』シリーズが人気で、
僕が好きだったのはそれをもっと子供向けにアレンジした映画『幽幻道士』や
そのTVシリーズである『来来!キョンシーズ』。数年前にDVD-BOXも発売されました。
大人になってわかったことですが、実はこの『来来!キョンシーズ』は撮影だけ台湾で、
台本も制作も日本のTBSだったんです。だから母国語版は存在しないという。
まぁ、そのくらい日本で一大ブームだった訳ですが、
やはり主役の美少女"テンテン"ことリュウ・ツーイーちゃんが
その火付け役であり、初恋だった人も多いはず。
b0102637_19245697.jpg
僕も例に漏れず6才のテンテンに、どこに持って行っていいかわからない欲情を感じ、
下半身が「前にならえ!」とキョンシーポーズを取っていたものです。
僕の小学校でももちろん"キョンシーごっこ"なるものが流行し、
1学年上の兄は当時太っていてメガネもかけていたので、
いつも↑の画像の"スイカ頭"という少年の役をさせられていて、
「なんでかなぁ~?髪型あんな(スイカ)じゃないのになぁ…」という不服そうな兄に
「そ、そこじゃないってば!」と心の中で突っ込みを入れていました。

しかし僕はそんな兄を羨ましく思っていたのです。
なぜならこの"スイカ頭"ことリュウ・ツーハンくん、名前からもわかる通り、
実は"テンテン"ことリュウ・ツーイーちゃんの実のお兄さんなんです。
あまりにスイカ頭役をこなしていたうちの兄なので、
次第にTVの中の本当のスイカ頭との区別がつかなくなってきて、
ということは兄はプライベートではいつも
テンテンちゃんとひとつ屋根の下で暮らしている…悔しい!!
とまたまた僕の下半身は噛まれてもいないのにキョンシー化しては
「せめて髪型だけでも!」とスイカ頭を通しているとかいないとか。
そんな中、今回キョンシー映画の舞台である台湾でサイン会が決まって、
真っ先に「テンテンちゃんに会えるかも!」と思っていたら、
何と現在リュー・ツーイーちゃんはシャドウ・リュウという芸名で日本で芸能活動中とのこと。
しかも松竹芸能なので、ここ大阪在住ってこと?嗚呼すれ違いの純情!神さまのバカ!!

ハァハァ…取り乱しました。サラっと告知だけをしようと思っていたら、
長々といつも通りになってしまいました。
が、しかし、年末までには他の海外での活動も予定されているので、
来年の1月には"ちょっと目を離したらすぐ世界を周ってサイン会しちゃう人"になれるよう、
がんばって来たいと思います。


そしてミニアルバムの発売に合わせ、セイルズのHPも更新。
タイトルも『Pink』に決定し、1月27日より音楽サイト『ototoy』にて
僕が大学時代よりずっと好きだったシンガーソングライターの徳永憲さんとの
レーベルメイト対談や、限定1週間でデモ楽曲の無料ダウンロードも行われます。
ライブ会場で手に入らなかった方はこの機会にぜひ、
イラストとはまた一味違う僕の世界観をお楽しみ頂ければ幸いです。
対談の模様。徳永さんは1月26日に…え、あ、僕の誕生日、
ありがとうございますありがとうございます…じゃなくって、
ニューアルバム『ただ可憐なもの』を同じくワイキキレコードより発売されます。
b0102637_2094456.jpg
絵本のような可愛いジャケットと、いつも通り切れ味抜群のピンと張った糸のような曲のコントラストが
とても美しい1枚になっております。視聴はコチラから。
b0102637_2375046.jpg
取材後の向かいのホームにいる徳永さん。その佇まいと冬の空気で殺伐とした風景がまるで、
ご自身の名盤『眠り込んだ冬』の世界を彷彿させ…わ、笑ってた!ただ可憐に笑ってた!!
b0102637_239427.jpg
…させませんでした。

そんなお茶目な徳永憲さん、エレキベース、そして我々セイルズともども、
2011年もワイキキレコードを宜しくお願い致します。
b0102637_18445185.jpg

[PR]
by kazekissa | 2011-01-19 18:41 | 告知