イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

苺DAIFUKU

小学校のとき、給食の時間に怒られたことがあります。
その頃"三角食べ"という言葉があり、70年代に出てきた日本の食事作法なのですが、
おかずとご飯とお味噌汁を均等に食べ、同時になくなるように、
まぁ要するに、「残さず食べましょう!」ということだったんだと思います。
その日の給食の献立はみんな大好きカレーライスでした。
僕はルーだけ先に食べちゃって、ご飯をまるまま残してじっとしていました。
三角食べならぬ一点食べです。業界シェアNo.1、別名独占禁止法違反です。
今話題のジャスラックです。話が逸れました。
先生は「好きなものばかり食べちゃ駄目でしょ!」と注意してきましたが、
僕はきょとんとしてしまいました。確かに好きなものばかり食べたい性格なのですが、
まだ好きなものは食べていなかったからです。
そう、僕はルーではなく、ご飯が大好きだったのです。
ルーだけお代わりする子もいるくらいだから、先生は理解できなかったのでしょう。
僕は逆にルーだけお代わりする子の気持ちがわからない程、そのご飯が好きで、
「カレーライスにルーがかかっていなかったら、どんなに素敵なことでしょう~♪」と
オリジナルソングを作ってしまったくらいです。

「じゃあお茶碗にご飯だけ盛って(普通)、食べてれば?」という意見もありますが、
それだと話が変わってきます。僕はあくまでカレーライスのご飯が好きなのです。
その白米だけが残ったお皿をじっと見ながら、
「いまや主役不在のあの大きめの舞台(お皿)に、それでも脇役からは昇進出来ない真っ白なご飯。
"どうせ俺なんか誰も見ていないんだ!"とやさぐれ、いずれ酒とギャンブルに走るようになる彼に
ぽんと肩を叩き"見てる人は見てるんだよ"と言う。それが僕の天命だ」と空想していました。
だから、ドライカレーでも駄目ですよ。

さて、最近は忙しく、スーパーへ行くことくらいしか楽しみがないのですが、
同じように、名脇役のみにスポットライトをあてたオリジナルDVDシリーズ
第1巻『ルーなしカレー』に続く待望の第2弾『具なし肉まん』、
スピンアウト企画『メロンパンやピザの淵のカリカリしたところだけ』を探していると、
ありました!
そしてここは31歳の余裕を見せ付ける為にも、おひとつドーンと買ってしまいました。
それは"菱餅"です。そう、ひな祭りの時に飾るひし形の3色のお餅ですね。
みんな大好き苺大福を食べる時だって、いつもいつも、
「苺どころか、あんこさえもなかったらいいのに…」と切に願っていたのですが、
小悪魔的魅力の苺ちゃん、清純派のあん子さんならまだしも、
お母さん的アットホームさしか売りがなく(そんなことはない)、
正直、国民的人気アイドルグループ"苺DAIFUKU"の看板に
しがみついているだけで(断じてそんなことはない)、
時々粉もふいている始末(これは…ある)のKAWAがソロ活動しても売れないだろうから、
他の例も同様、彼女だけ出ているところを編集して見ればいいのだと諦めていましたところ、
彼女らの人気も下火になり、最近ではあん子だけが深夜の通販番組の
桑マンの横でただうなずいているのを見るくらいだったのですが、
あのKAWAがグループ結成前からずっと水面下でソロ活動を続けていたとは、
僕としたことがファン失格じゃないか!
1年に一回ライブがあるといえど男の子には縁のない日にちだし、
灯台下暗し、名前が変わってたから全く気付かなかったんだんだ!

そんな言い訳や昔のことをしみじみ思い返しながら、
お雛様もないのに、女の子でもないのに、子でもないのに、菱餅にカブりつき一言。
「や、やっぱ3人がいいかもね…」
彼女はテレビで見るよりずっと大きかった。
[PR]
by kazekissa | 2009-02-28 18:14 | 日記

かったまけた

昨日は京都のカフェバー大会にてS▲ILSのライブでした。
元・たまの滝本晃司さんのイベントだけあって、
集まったバンドもお客さんも、あたたかくも何とも言い難い
放課後の誰もいない校舎のような、今日はアンニュイな雰囲気の大会(そういう名前ね)。

もけもけ。アングラなんだけどくどすぎない女性3ピースロックバンド。
ゆらゆら帝国やははの気まぐれ、GO!GO!7188のような世界観を
京都の風土かそうさせるのか、もっと日本情緒たっぷりに酔っ払わせた感じ。
かっこよかったです。

トレーニング・ボイジャー。ピアノ2台とベース・ドラムという変わった編成のポップスバンド。
50年代に生まれた黒人ベンフォールズファイブが80年代にデビューしたかのような、
それでいて、ちょっとひねくれた部分はやはり現在進行形。
キリンジから相対性理論まで幅広い音楽ファンはチェックイットアウト。

そして滝本さん。アコースティックギターとウクレレとカズーと口笛と歌。
徳永憲さんの弾き語りアルバムを聴いた時にも思ったことは、
世界観のある楽曲の前では、シンプルな弾き語りも、バンドによるたくさんの楽器演奏も、
さらに言えば歌さえも溶け合ってなくなってしまうんだなぁ。
終ってしまって終ったことに気付きました。

我々セイルズは、仕事の都合によりリーダー不在の3人体制での参加だったのですが、
あっちゃんは初の全曲アコーディオンで挑戦、飼原さんは、店にあったドラゴンボールを
1巻からきちんと読み出す程の責任感を持って、初のリーダー代理。
そして僕は初のボンバーマン勝利(店にファミコンあった)ということで、初物尽しの大成功でした。

今回は以下デモ音源集を夜鍋して作って持っていったのですが、
予像以上のお客さんの数に、1枚サンプル用で持って行った空のCDも配ってしまったようです。
同じアタリでも食あたりのような不始末、失礼致しました。
連絡くだされば、あっちゃんのセクシートレーディングカード、
おそらくアコーディオンで胸を隠した(野村誠一撮影希望)、もつけてお取替えいたします。
次回ライブは3月28日(土)、神戸WYNTERLAND。
関西の渋谷系大イベント"POP STEP PICNIC"の第4弾です。
僕はソロでの出演となりますが、同じくアコースティックセットのSoda fountains
何曲か一緒にやろうと思っております。詳細はコチラ
またデモCD第2弾も持って行きますので、是非。

最後に、来て下さったみなさま、どうもありがとうございました。
そして、大会にいつもありがとう。楽しかったぁ、です。

b0102637_1434675.jpg
S▲ILS『Demo Tracks vol.1』配布終了
1.GIRL 2.レモン 3.手紙 4.おしりのふとん 5.絵筆は役に立たず
6.ほんとはね 7.おしりのふとん(Reprise) 8.赤い星(※bonus track)
[PR]
by kazekissa | 2009-02-22 14:06 | 日記

どっち

21日の京都ライブの為、久々のS▲ILSスタジオ練習。

練習が終ってロビーで喋っていると、ベース飼原さんがお土産をくれました。
彼は仕事で日本全国色んなところに行くので、「今回はどこかな?」と思っていると、
「箱根よかったよー」と言いながら、お饅頭の箱には思いっきり"伊豆名物"と書いてありました。
どっちだ。天王寺と阿倍野も曖昧だし、まぁいっかそんなの、おいしいから。
とムシャムシャ食べながら、僕とアコーディオンのあっちゃんは2人集まると大抵、
「最近オススメのAV女優どっちがいいか?」という、
通称"大人のムシキング"または"夜のポケモン"の話になります。
彼女は相変わらず「椎名りく最強!」と言っていて、
音楽好きの飼原さんに分かり易く「カヒミカリイみたいなタイプです」と大雑把に説明し、
僕は上原空ちゃんを出した。これは例えるアーティストが見つからなかったんだけど、
それくらい飼原さんという男は、自分の興味ないことには無関心なので、
退屈したのか「次のスタジオの日程決めようよー」と言ってきた。
あっちゃんがバイトのシフト表を出して、「この日は21:30からOKで…」というと、
「ちょっと待って!」と飼原さんは饅頭の箱のフタの裏にボールペンでメモしだした。
僕なんて「予定は誰かが憶えててくれるやー」なんつって適当なので、
熱心で、その上エコだなぁと見直した。
b0102637_10433834.jpg
ムシキングの勝負は平行線を辿り、"結局好みの問題"といういつもの結論、
まぁ次の練習の日程も決まったので、「さぁ帰ろう」と立ち上がって饅頭のフタを覗くと、
日程はどこにもなく、"上原空"とだけ書いてありました。
そっちか。

あ、勝った!

2009/2/21(土)『月間たま~滝本晃司編』
会場/京都葛野大路四条カフェバー大会
出演/滝本晃司(ex.たま)・もけもけ・トレーニングボイジャー・S▲ILS
開場18:30/開演19:00
charge adv/2500yen +1drink{500yen} door/3000yen+1drink{500yen}
チケット予約はkazekissa@hotmail.comまで。

なんと、元・たまのベーシスト滝本晃司さんのソロイベントで、
僕らS▲ILSは2回目の大会(そういう名前)。
ポストカードとCD-Rデモ集を何枚か配布用に持って行く予定です。
是非、遊びにいらしてください。お待ちしております。


カフェバー大会
MAIL taikai@cafebar-taikai.com
TEL 075-313-3999
〒615-0057京都府京都市右京区西院東貝川町30番ホワイトゴービル4F
(*阪急西院駅市場道沿い西へ徒歩15分四条葛野大路交差点南西角
京都外台南向かいスーパーオートバックス西向いホワイトゴービル4F)

交通アクセス 市バス【京都外大前】停留所下車すぐ。阪急西院駅徒歩10分。
地図はコチラ
b0102637_3295690.jpg

[PR]
by kazekissa | 2009-02-19 03:28 | 日記

虫、虫、虫、無視

東京創元社から3月発売予定の江戸川乱歩の短編集
『D坂の殺人事件』の表紙イラストを描きました。

最近買った本はバナナマンとバカリズムと森3中というラインナップからも分る通り、
僕は全く文学という物はを読んでこなかった人間なので、
こうして太宰治や江戸川乱歩などの表紙を描かせてもらってる現在の状況を、
とても不思議に思う反面、やり残した宿題は必ずしないといけないように
なっているんだろうなぁと、真面目に取り組んでいます。

描く前には、一通り他の作品に目を通したり、
その作家の生い立ちを勉強したり、色々関連物を集めたりするのですが、
今回の江戸川乱歩に関しては、仕事を忘れるほど夢中になってしまい、
原作映画をいくつかTSUTAYAでピックアップした程です。

家に帰ってみると、早速ビデオを見ようとすると、
僕以外誰もいないはずの部屋から、プーンと女の匂いがしてきました。
犬のようにくんくん嗅ぎながら、別の部屋を見て周ってもやはり誰もおらず、
さては、出掛けている間に峰不二子ばりの美人泥棒が忍び込んだに違いない。
しかし何も盗まれていない。いや、ハートを盗まれた!
などと妄想推理するも証拠不十分で一旦諦め、
ビデオをレンタルバッグから出そうとすると、
何のことはないそこから匂っていたのです。
前に借りた人が香水でもこぼしたのかもしれません。
どちらにせよいい匂いだったのでくんくん嗅ぎ続けました。

それくらい影響受けちゃってるものだから、
もうビデオも見る必要はなかったのかもしれませんね。


いい匂いしそうな絵が描けました。
b0102637_8444330.jpg
一方コチラは3月25日発売のASIAN KUNG-FU GENERATIONの
美味しそうなライブDVDジャケット。
[PR]
by kazekissa | 2009-02-18 09:47 | 日記

宝の穴

とある取材で宝塚歌劇を観に行かせてもらいました。

高校時代を宝塚で過ごしたのですが、
宝塚ファミリーランドの、いまだに面白かったのかどうだったのかよくわからない、
おそらく暗かっただけの、暗闇を走り抜けるジェットコースター、
その名も『スペースコースター』は何度も乗ったのに、
その隣にある宝塚大劇場は、お金持ちのご婦人のものだと思っていて、
学ランの至る所が体液でカピカピになっていた、
もはや車田正美の漫画にしか出てこないホワイト学ラン化した僕は、
こう描くと市立のお坊ちゃんみたいですが、それは文章のトリック、目の錯覚で、
つまりは敬遠していた訳ですね。

それでも宝ジェンヌの虎の穴こと、宝塚音楽学校の生徒は、
学校へ通う阪急電車でよく見かけて、おそらく学校では
熱い砂と冷たい砂の入ったフライパンに交互に手刀で突き刺すダンスの練習をしたり、
歌の練習で音を外せば、足に鉄球のついた巨大な弟の肩に乗る
ズル賢さだけが売りの兄に「辞めちまいなザンス~!!」とムチでシバカれたり、
卒業の証には、これまた熱せられた大きな壷を抱えさせられ、
気付いたら額にジュ~ッと『雪』や『星』などの刻印が
付いていたりしてるのではないか、などと妄想を膨らませる横顔は
その血と涙の試練を全く感じさせないほど涼やかで(当たり前)、
その可憐な姿は今でも昨日のことのようによく思い出します。
ひっつめ髪の女の子の横顔を好んで描くのはおそらくその為で、
刻印が押されたのは僕の方だったようです。(以上全て『闘将!!拉麺男』参照)

そして今回観たのが、星組公演『My Dear New Orleans』。
貧困な時代、ニューオリンズでジャズが産まれる歴史と、その愛を描いた作品で、
音楽が好きな僕は、まさかの舞台の下で行われていた迫力の生演奏も相まって、
すぐに入り込んでしまいました。
詳しい感想はインタビューで応えており、
重複するといけないのであまり書けませんが、
とにかく「これぞ!エンタテインメント!!」。
大きな打ち上げ花火を観た後の様な感覚でした。

そして、ただただ立派だなぁと思う帰り道、
もしかしたら、あの頃僕の見たひっつめ髪の少女も、
今日見た中で活躍していてもおかしくない年頃だという不思議な感覚を、
今はなき宝塚ファミリーランド跡地でぼんやり遊ばせてやりました。
[PR]
by kazekissa | 2009-02-13 04:55 | 日記

こんどは

昨日は、このブログタイトルにもある阿倍野は
大阪市立デザイン教育研究所で講演会を行ってきました。
ということは歩いても行けるようなご近所なのだけれど、
せっかくなので原画をたくさん持ってゆこうと、
いつもの柏木くんと、彼の後輩のチョンチに車を出してもらい向いました。

僕は講演会というものに対し、「何か教えてあげよう!」という気は一切ありません。
ただ出来るだけ正直に、みんなに向かいあうことだけを努めます。
後はそれぞれがそれぞれにピックアップして勉強になったり何も見つからなかったり、
それならばどちらにせよ、笑える方が楽しいじゃないかと思い、
あまり講演会とは呼びたくなく、トークショーだと思っています。
でも"トークショー"と銘打つと、どうしても美川憲一さんが思い浮かんで、
夜景を望むホテルの最上階で、小粋なトークや粋なシャンソン、
ワインやステーキでも出さなきゃいけない雰囲気になるので、
やっぱり講演会なのでしょう。髪型は美川さん寄りですが。

今回、教室にある椅子の定員数が80だったので、
まぁローカルな南大阪の町だし、立ち見が出てもわずかだろうと見込んでいたのが、
会場につくと、教室の外まで溢れる人・人・人で、
その波を「もっとはじっこ歩きなさいよ~」と掻き分け、慌てて準備に取り掛かりました。
準備も整い、いつも通りスライドと柏木くんとのトークで進めて行きます。
もうこの内容は来た人それぞれの捉え方がありますので、レポートはそちらにお任せします。
いつもはぶっつけ本番だけど、今回は柏木くんと事前にしっかり打ち合わせをしていたので、
時間を20分押しただけで、いつもより深く広い話が出来たと思います。
大学で授業を持つ母も「面白かった」と言ってくれました。
実は一番心配していたこと、よかった。

その後はいつものサイン会、のようなもの。
というのも、サインなどは心の拡声器のようなもので、
僕としては、今度はみんなのお話を聞く方が楽しみで仕方ないのです。
嵯峨美の時もそうだったけど、今回企画して呼んでくれたのも、
去年の展覧会の参加者で、お客さんの中にもたくさんいらっしゃいました。
こういう形で再び繋がるのは、大変嬉しいことです。
顔つきがりりしくなっている男の子や、綺麗になっている女の子。
何だか落ち込んでいる人もいましたね。
しかし止まっていないものは何と美しいことでしょう。

そんな人たちを見て、また司会がどんどん上手に、
もはや、みのもんたバリに嫌味な粋まで達しかけている柏木くんを見て、
僕も止まっていてはいけないなと、靴紐を結びなおします。
今、仕事の真っ最中なのですが、昨日逢った彼や彼女たちに敬意を表し、
恥かしがる僕の少女に口紅をひこうと思います。
こうして直接突っ付きあって、新しい子供をどんどん産んでいけたら、
何と健康的なことでしょうね。

素晴らしいきっかけを作ってくれた、わかむんとまどかちゃん。
大変な仕事量を手伝ってくれた研究所の生徒さんたち。
快く歓迎して頂いた先生。
遠方からも観に来て下さった皆さま。(名古屋と九州のお土産ごちそうさまでした)
忙しい中、いつも司会を引き受けてくれる柏木くん。
実は影で一番働いてくれた後輩のチョンチ。
そして来れなかった人もみな、どうもありがとう。

最後に、ポストカードをもらえなかった人、
次の機会まで同じもの置いておきますね。
画集を出す際に、またしますので。
名古屋も九州も、今度は僕が逢いに行きましょう。
以上、"美川憲一とみのもんたディナーショー"のレポートでした。
b0102637_3265370.jpg
追伸/コメントの返信、もうしばらくお待ち下さい。
[PR]
by kazekissa | 2009-02-10 03:16 | 日記

なぜか今更

 なぜか今更"岸和田少年愚連隊~カオルちゃん最強伝説"シリーズにはまっている中、
岸和田在住の柏木くんがアル事の打ち合わせに来たのに、
3年ほど前にKONAMIから発売されたプレイステーション2のお色気プロレスゲーム
『ランブルローズ』の対戦が、やはり、なぜか今更始まってしまい、
ふたつの意味で「ヤビャイ!ヤビャイ!」と正気を取り戻し、あくる日の準備に戻ります。
そう、昨日は大阪府立芦間高等学校にて特別授業をする日だったのです。
芦間高校は守口にある自由な校風で専門コースがたくさんある学校。
その美術・デザインコース志望の1年生を対象に、1時間だけ授業をしに行きました。
 まず、懐かしい匂いのする靴箱が並ぶ入口をくぐると、
2年生の女の子がパタパタと小走りでやって来て、
「今日は授業受けれないんですけど…」と緊張の様子だったので、
その勇気と可愛げに、ポストカードを差し上げました。
と、同時に考えられないことが起こるもんだと、緊張感が高まります。
それもそのはず。思い返してみると、僕の高校時代はまるで"ときめかないメモリアル"、
(※これはKONAMIから発売されていません)
下駄箱で女生徒にモジモジされたことなどこれっぽちもございません。
などと思い出すと、そんな忘れかけていた繊細な時代を過ごす彼女また彼らに、
今の僕が何を話してあげられるんだろうと、
昨日した打ち合わせがまるで見当外れのような気がしてきたのです。
一方、柏木くんは教育大出身で、家も塾をやっていて、
そのくらいの子たちに家庭教師のアルバイトもしているので、
心配もよそにあっけらかんとしたご様子、何とも頼もしいこと。
大きな背中を見ながらごくりと階段を上がります。

(つづく)
[PR]
by kazekissa | 2009-02-07 00:10 | 日記