イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

叶ん。

最近は仕事が終われば毎日自転車で何処かへ出掛けます。
別に、特に、誰と逢うという訳でも、
何か目的や用事がある訳でもなく、
景色はただ何となく僕の横をびゅんと通り過ぎるけど、
それでもこのインターネットと比べて、
どちらが実質的な情報量が多いのだろうと、
ふと考えることもあります。

街に出てCDをたくさん買いました。
ハイファイセットのBESTと、その前身バンドで、
ソフトロックファンからも評価の高い
RED BIRDSこと赤い鳥の1st『FLY WITH THE RED BIRDS』。
ちなみにもうひとつは紙ふうせんに別れたんだよね。
ロッテンハッツがGREAT3とヒックスビルに別れたようなもの?
そこんとこどうなの?オジサン。

3と言えばアンダーフラワーから、
ここに来て発売のNG3のベストアルバムと、
ソフトタッチの2ndアルバム。
付属のライブDVDを見たら当時の印象と大分違う。
もっとモッズでロックでって思ってたけど、
意外とポップだったんだなぁ。
ソフトタッチはミニアルバム2枚に新曲2曲を加えた編集盤。
相変わらず『ピンポイント』は名曲です。
サニーデイサービスやGOMES THE HITMANが好きな人、
ビスケットファンやRaymondsが好きだった人には、
是非聴いて欲しいです。

そしてノーナリーブスのベストアルバム。
最近はこればかり聴いてます。

音楽の話ばかりになってしまったので、
次回は久々にやり始めたゲームの話でもしようかな。
「ゼルダの伝説」と「新創世記ラグナセンティ」と「ニュートピア」とか、
「ファイナルファイト」と「ベアナックル」と「クレストオブウルフ」とか。

これだけ情報を羅列しても、
やはり窓の外に降る雨の量には叶いそうにありません。
[PR]
by kazekissa | 2007-05-25 07:32 | 日記

すすめ、パイレーツ。

遅ればせながら、5月11日堀江Knaveにお越しの皆さま、
どうもありがとうございました。次は6月にお逢いしましょう。

S▲ILS「Live in "れもんのしづく"」
(07.05.11 at Knave)
1.SAIL 2.グッバイ 3.スニーカー 4.冬のサイダー 5.くらしのリズム 6.アニー 7.GIRL
Vo,EG/中村佑介 EG,Cho/藤野慶一郎 Ba,Cho/飼原正之 Dr/豊福優子
撮影・編集/鳥居凡

part1

part2

part3


2007年6月10日(日)「セミの抜け殻」
共演/竹内義和・トンボ・草壁コウジ
会場/大阪心斎橋・CLAPPER http://www.clapper.jp/
open 18:30/start 19:00 | 1500/2000
問合せ)大阪市中央区西心斎橋2-10-34心斎橋ウエスト363ビル B1F
TEL : 06-6213-6331
b0102637_11332542.jpg

[PR]
by kazekissa | 2007-05-16 11:33 | 日記

下駄を鳴らして。

昨日は京都SOLE CAFEまでゲントウキ主催の
ライブイベントを見に行ってきました。
田中さんの弾き語りが見たかったのは勿論のこと、
それに加え今回は香川から島津田四郎(たしろうが名前)さん
というシンガーソングライターが上京(これが本当の)されていて、
元・サニーデイサービスの曽我部恵一さんのライブDVD
特典映像に入っていた僅か3曲の彼の弾き語りが、
ずっと胸に刺さっては抜けない棘だったので抜いてもらおうと。
b0102637_14435960.jpg

彼の曲には全てタイトルが付けられていない。
"名前すら知らないからカローラ2と勝手に呼ぶよ~♪"は
カジヒデキさんの「カローラ2に恋をした」ですが、
まさにそんな感じで、知らないから気になるような、
気になるから知りたいような、卵も雛も鶏で。
手に入れたと思っても指先からするりと居なくなり、
次の角で舌を出して振り返ったちょっと意地悪な女の子。
みたいなうた、うた、うた。
b0102637_14391848.jpg

視聴はコチラからです。
是非"うどんサイケ"をご賞味あれ。
[PR]
by kazekissa | 2007-05-13 14:40 | 日記

<告知>

b0102637_1750886.jpg
明日は約半年振りのS▲ILS大阪ライブです。
ゲントウキも西村明正さんも、草壁さんもカシワギくんも出るので、
音楽好きな方も、ラジオ好きな方も是非。
b0102637_17501531.jpg

2007年5月11日(金)「れもんのしづく」
共演/ゲントウキ・西村明正
司会/草壁コウジ(SUBCULTURE NOTE)
ぶっちょカシワギ(トンボ/ライパチフィルム)
会場/大阪南堀江Knave
open 18:00/start 18:30|2500/3000(+1D別)
連絡下されば前売りチケット取り置きしておきます。
b0102637_17511929.gif

[PR]
by kazekissa | 2007-05-10 17:48 | 告知

だったらいいでしょ。

昨日は小学館きららに連載中の、
石田衣良先生「親指の恋人」第13回目の挿絵を描きました。
ここんとこほんと噛み砕く調子がいいです。
お話の方もうすぐ最終回だと思うので、是非読んでみて下さい。

その後、少しラジオの編集をしてたら、
編集された先日のライブツアー映像を、
鳥居凡さんが持ってきてくれたので、
WEB用にさらに少し編集をかけてアップしました。

S▲ILS「Live in "Lucky Cider☆1"」
07.04.30 at Zher the Zoo
Vo,EG/中村佑介 EG,Cho/藤野慶一郎
Ba,Cho/飼原正之 Dr/中尾泰悠(From curtains
撮影・編集/鳥居凡

ドガログ版は自分のBlog(Excite)に貼りたいというのもありましたが、
時間規制がまだないらしく、Youtube版より少し長めです。
ぜひご覧になって、来たる5月11日の予習に。

2007年5月11日(金)「れもんのしづく」
共演/ゲントウキ・西村明正
司会/草壁コウジ(SUBCULTURE NOTE)・ぶっちょカシワギ(トンボ/ライパチフィルム)
会場/大阪南堀江Knave
open 18:00/start 18:30|2500/3000(+1D別)

杉浦く、あっ、鳥居凡さんありがとう。
[PR]
by kazekissa | 2007-05-08 09:06 | 日記

ユアソング。

昨日は大学時代の友人織田くんの、
記念すべき初個展の為、西天満へ行ってきました。
淀屋橋の駅で、これまた同級生の小川くんと合流し、
中之島を少し歩き、会場であるギャラリー吉祥へ。
大学を卒業してからこれまでの時間がそこには横たわっており、
彼の描くイラストのあたたかさからも勿論ですが、
その空間全体から、本来個展というのは、
そんな為にあるべきなんだなぁと再確認できました。
GW中開催しているので、
イラストに興味のある方は是非。

『おだ こうへい イラスト展~キトヒトの庭~』
b0102637_922140.jpg
日にち/5月1日(火)~5月7日(月)
時間/12:00~18:00(※最終日は17:00迄)
会場/ギャラリー吉祥
b0102637_9214280.jpg
〒530-0047 大阪北区西天満4-1-22吉祥ビル2F
TEL/06-6364-8746 FAX/06-6364-8747

その後、ヨドバシカメラで
何処にニーズがあるのかわからないが
確実に僕の心は鷲掴んで離さない
エポック社がコンスタントに発売しているEL-SPIRITSシリーズの
『エレベーターアクション』のLCDゲームを買い、
河童横丁の餃子屋へ。

きみに逢うということは
ぼくに逢うということなんだなぁ。
b0102637_9235542.jpg

[PR]
by kazekissa | 2007-05-02 09:24 | 日記

綴く。

ギリギリの締切の都合でバンドワゴンを見送って、
僕だけは新幹線で遅れて出発するも、
東京へは一足早く着き、"時は金なり"という言葉は、
「時間はお金のように貴重なので無駄遣いしてはいけない」
という本来の意味と同時に、
「(短縮)時間はお金で買えるんだなぁ」と
十代の子に言ったら間違いなく
『汚れた大人』のレッテルを貼られそうな事を思いながら、
知らん顔して東京の街を歩く。

遅れて車隊も到着、
トップバッターの中瀬至(From Lucky13)さんの
浮遊感漂う弾き語りで海となった会場にS▲ILS出航。

1.SAIL 2.グッバイ(新曲) 3.GIRL 4.スニーカー
5.冬のサイダー 6.くらしのリズム 7.アニー
b0102637_235508.jpg
今までの東京ライブの中で一番良かった。
反応もそうだけど、メンバーの顔が緊張よりも大きく
いきいきしていたのが何より。

続く、残像カフェこと大森元気さんは
いつものフォークは鳴りを潜めソウルに。
デビューからずっと好きだった方と
同じステージに立てる日が来るなんて、
これを素敵日和と謂わずして。

そして満を持してゲントウキ登場。
あの頃もあの頃で好きだったけど、
大阪時代には考えられない今の
エンタテインメント性溢れるステージングは
回を増すごとにサポートメンバー、
並びにオーディエンスとの一体感を増し、
最後のセッションで最高潮。
風をあつめて解き放った充実した一夜でした。
b0102637_23551796.jpg
力強く独特な間を取るドラムで盛り上げてくれた
curtainsでは本来ベースの中尾くん、
カメラマン兼運転手兼話し相手として着いて来てくれた杉浦くん、
共演してくれた音楽家の皆さま、
代々木Zher the ZOOスタッフの皆さま、
今回の企画を立て呼んでくれた木内ゆみちゃん、
そして暖かく迎え入れてくれた東京のお客さま。
本当にありがとうございました。
僕はとってもうれしかったです。

次回東京は7月、あっと驚くギターポップメイツ。
もっとみんなを楽しませられるよう、
それまではとんぼ返りして来た愛すべき大阪でコツコツと。

最後に藤野さん、飼原さんおつかれさまでした。


2007年5月11日(金)「れもんのしづく」
共演/ゲントウキ・西村明正
司会/草壁コウジ(SUBCULTURE NOTE)・ぶっちょカシワギトンボ/ライパチフィルム
会場/大阪南堀江Knave
open 18:00/start 18:30|2500/3000(+1D別)
[PR]
by kazekissa | 2007-05-01 09:47 | 日記