イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

遊んでいたいよ。

昨日は朝から画集用イラストのリマスタリング、
昼からラジオの編集、夜はバンド練習でした。
年末のたなかじゅん祭リハーサル以来の
心斎橋スタジオPUZZLEにて。

夕方3時頃の泡の抜けた炭酸みたいで、
僕らのお年頃にはぴったりだと思います。
ちょうど同じ時間に隣で西村明正さんが練習してたみたい。

そして帰ってからちょっと仕事をして、
今日は寝ずに朝から草壁さんとなんばで合流し、
とある打ち合わせに。
大阪ならではの面白いことが出来たらいいなぁ。

そんな不摂生をしたもんで、
ちょっと湿疹が出てきたので、
今日はもう寝ます。

みぃんな帰っちゃっても、
いつまでも遊んでいたいよ。
[PR]
by kazekissa | 2007-02-24 00:42 | 日記

夜にサイダー。

朝4時に起きて今日は1日中、
4月に発売予定の画集用に
仕事イラストの方をリマスタリング。
2冊一組になっていて、
仕事で描いたイラストを集めた「WORKS」と、
オリジナルで描いた絵を集めた「GIRLS」に。

これが結構時間がかかりますよデザイナーさん。
「少し遅れる」と連絡事項。

ギリギリまで作業をして、夜は心斎橋で
3月2日、東京青山・月見ル君想ウでのライブに向けて
S▲ILSの練習。
久々だったけど声は出た。
ベース・ドラム共に新曲が良かった。
ね、リーダー。

そんなこんなで、
またもや猫ままニーチェとモダンロマンチカバンドのライブには行けず。
見事に被るねぇ。
せかせかした日にはグランドピアノが聴きたかったのになぁ。

おやすみなさい。
[PR]
by kazekissa | 2007-02-19 00:05 | 日記

朝が朝。

良く眠れた昨日は朝から月島さんと打ち合わせ。
フクロウが2羽揃って、それはそれは眩しそうに目を擦りながら、
「少し遅れたけど、誕生日プレゼントだよ」と言って、
安達哲『さくらの唄』上下巻をいただく。
無理しちゃって。
去年のリプトンミルクティも同じくらい嬉しかったのにさ。
でも2月14日付近にプレゼントを貰うと、
バレンタインみたいでくすぐったいじゃないか。
男同士で可愛い光景じゃないの。
どうもありがとね。
b0102637_5505797.jpg

絵描きを目指す美術部高校生の青春もので、
山本直樹や喜国雅彦の雰囲気にも似て、
ちょっと汗ばむ本当の青い青春。
面白かった。
それはそうと、読ませたい本があるって
素敵だなと思いました。
今度、彼の誕生日には聞かせたいCDをあげよう。

春に発売をあわせるということで、
彼と共作している「いつもの」連載の大学漫画は
4月発売予定とのこと。

夜はこの度めでたく1人暮らしをはじめた
「コウジのひとりあるき」こと、
草壁さんと久々に2人っきりでラジオを録りました。
つなぎの番外編的な。
どういう風にアップしよう。
その後、夜を徹してイベントの打ち合わせ。
面白いことが出来そうだ。

朝、葉月京先生から、コメント・イラストを寄せて頂いた、
恋愛ジャンキー第21巻と、洋菓子が届く。
心遣い、大変嬉しく思います。
b0102637_55016100.jpg

そんな今日、阿倍野は雨模様。
ソーダ水を跳ねて遊覧する路面電車を想像する度、
GOMES THE HITMAN「雨の夜と月の光」を聞きながら、
やっぱり街へ出たくなるけれど。
b0102637_5502810.jpg

[PR]
by kazekissa | 2007-02-17 16:07 | 日記

ねぇ、阿倍野。

以前録音したラジオ「ミサイルアパート」第11回、
録音終り「あぁ、今週失敗だ」と思いお蔵入りにして、
録り直そうと思っていたけど、時間を置いて聞いてみたら、
前半部分は思ったより軽くて面白かったので、
勿体無く思い、急遽編集してアップした。
今の僕にとって必要なんだぁ、やっぱり。
久々の編集作業は相変わらず少し面倒だけど、
マラソンのように、プチプチを潰すように、
やりきったら爽快だった。

夕方に月島淳之介先生より嬉しい電話報告。
やったー。自分の事みたく「へなっ」と力が抜けて、
来る夜に備え少し寝た。

そして夜、S▲ILS藤野リーダーが新曲を持ってやって来た。
3月2日用に新曲があるので出来ないけど、 4月28日にはやりたいな。
大学の時教授が、「30歳から感受性は枯れる一方なので、
アイデアは20代の内に溜めときなさい」 と言っていたので現在29歳の僕は、
おどおどノートをたくさん置いてあって、 部屋は重たくなる一方だけど、
身を軽くして旅へ出てもいいかもしんない。
「2003ジーノデモ」と書いてあるMDを聞きなおしながら、
その時よりずっと開けたものになっていく
リーダーの新曲はいつもそう僕に言ってる。
そっち信じるわ。

深夜、草壁さんがテレビの編集・提出を終え来る。
リーダーとは年末以来だったのか、
恥ずかしそうに交差する「明けましておめでとうございます」。
みかんを買ってきてて良かった。
大人なので、2人とも「どうも」と言って
食べなかったけど、おっさんなので水分取りーやー。

おかしな仲間に囲まれてこの街を愛しているんだよ。
ねぇ阿倍野。今日も雨か。
春が来るのかい。ねぇったら。
b0102637_11185634.jpg

(2月28日発売/ゲントウキBESTアルバム「幻燈名作劇場」の為の挿絵イラストより見本1点「阿倍野にて」)
[PR]
by kazekissa | 2007-02-14 11:19 | 日記

ドバッと。

身体の調子が悪いと抜群に制作の調子が良いのは、
単純に制作にぐぐぐぐぐっと没頭して、
目の前の作品に精気を吸い取られてるからかもしんない。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのDVDジャケット、
その他素材を描ききりました。
"10年間の長い旅、横浜の赤い空を駆け巡る孫悟空"
そんな内容はDVDのジャケットとして、
はじめて納得の行くものとして描けました。

途中、僕の出身校・大阪芸大デザイン学科に受かったという
男の子からのお手紙に救われました。
パワーを返してくれて、こちらこそありがとね。
また返します。

ゲントウキ「幻燈名作劇場」といい、
ドバッと出すぎていて恥ずかしい。
毎度遅れてしまい、スタッフの皆様、
僕の少年・少女に美しい服を着せてくれる、
デザイン担当のCENTRAL67にごめんなさい。
でもその分、良いものが出来たので、
見る人は楽しみにしていてくれたら嬉しいです。

制作期間中、ご心配をかけた藤野さん、
豊福さん、飼原さん、お待たせしました。
無事帰還しました。
3月の東京ライブに向けて練習しよう。

たくさん報告したいことがあるけれど、
長くなったのでまた明日から。

おやすみなさい。
[PR]
by kazekissa | 2007-02-13 02:08 | 日記

旅の度。

杉浦くんが出張から帰って来て、
お土産を持ってやってきた。

彼の居ない間、僕は奥田民生「The STANDARD」と、
つじあやのとのデュエット「シャ・ラ・ラ」
(サザンオールスターズのカヴァー)ばかり聴いていて、
そのことを伝えると、「僕も同じ」だと言う。
こんな奇妙なことが長い旅から帰ってくる度にあるので、
さほど不思議には思わなくなってきた。

ロケが続いたのだろう少し日焼けした顔で、
「それにしても顔が黄色いよ」と言った。
あぁ、僕の旅は部屋の中にあるので、
太陽を見ない生活をしていたら、
月の色がうつっちまった。
小沢健二が好きなのに、
いつまでも「太陽は僕の敵」なのだ。
天気読まないと。

ほかにも、「アルフィーとチャゲアスは、
もはやジャンルが分からない程確立してるけど、
その2つは同じとこに分けられるね。」
と興味深い事を言っていた。

けれど僕らは音楽で強くなれるなんて、
不思議だね。
[PR]
by kazekissa | 2007-02-08 03:59 | 日記

何とまぁ。

夕方に次なる仕事のラフを描き提出、
OKを貰ったので、洗濯してお風呂に入って、
散歩に出ることにした夜10時半。

サニーデイサービスの「恋におちたら」で、
"誰かと話したくて僕は外に出るんだ"ってフレーズがあるんだけど、
この時間じゃあ話は別だなと気にせずてくてく。

その時間に空いている店といえば勿論TSUTAYA(朝4時まで)で、
昼に出かけてもまぁ、大体いつもTSUTAYAなんだけど、
そこへ行く迄の角(元々TSUTAYAがあった場所なんだけどね)に
"hoop"というファッションビルがあって、
余程良い出来で手放せないのか、
2月だというのにまだクリスマスの電飾が残ってて、
そういえばS▲ILSを手伝ってくれているシフゾウの豊福さんは
これを「嘘ナリエ(神戸ルミナリエから)」
と呼んでいて、横の喫煙所で煙草を吸いながら、
カップルを見てくだを巻くのが趣味だと言っていたなぁ
なんて思い出しながら、通り過ぎた。

11時半、目的のものを買って店を出て、
さぁ帰る前に飲み物でも買おうと、
そのhoopの横のコンビニに行くと、何とまぁ、豊福さん。
シフゾウの練習が天王寺E7であったらしく、
ドラムの方もご一緒に灰皿の前で、
缶コーヒーと煙草を「さみーなー」って言いながら。

可笑しなこともあるもんだ。
少し喋った後、家まで歩いて帰ったら、
乾燥機が仕上げてくれてたよ。

ご機嫌ナイトクルージングでした。
[PR]
by kazekissa | 2007-02-03 03:51 | 日記

人生はうまくできている。

仕事と仕事のすきまに髪を切ることにしてる。
真ん中に居る僕はひどく疲れた顔をして、
いつもそのドアを開けるも、
いつものお兄さんが心配してくれて、
お任せして視界が開けたら、
ご機嫌になって再び街へ出られるから魔法だ。

だけどそのお兄さんはご家族の療養の為、
1年、この街を離れるみたいで、寂しい。
1年後、髪が伸びっぱなしでも、
元気な顔で逢えるといいな。

軽くなった僕は天王寺を過ぎ、なんばまで出ることにした。
味園ビルの近くに中国雑貨を扱っている大きなお店があって、
京劇について調べたかったので行ってみて、
目的のものはなかったけど、楽しめた。
もっと中国の文化を知りたいなぁ。

同じ目的でBASE吉本の上の本屋さんへ。
表紙イラストを担当した「夜は短し歩けよ乙女」が
売れているらしく、平積みになっていた。
良く見えるように、横の本をどけといた。
何事もきっかけなので、面白かったら買って、
読んでみたらいいよ。
カヴァーを外した中の表紙が最高のデザインになっています。

タワレコへ行って、湯川潮音の冬のミニアルバムと、
天王寺駅のスーパーでレタスだけ買って歩いて帰る。

深夜に草壁さんが来る。

僕は鍵っ子特有の我慢の得意な子だったので、
誰かに逢いたくても、逢いたいとは言わないし、
元気がなくても元気がないって言えないけど、
そんな時は察してかちょっと遅くまで居てくれる。

誕生日プレゼントだと言って、
本当に下らないライターをくれた。
下らなくて嬉しかった。

近藤ようこ先生の「花束」(青林工藝舎「赤い爪」収録) から拝借すると、
髪を切ったり、プレゼントを貰ったり、
そんな思いもかけない些細なことが風となり、
深刻な霧をフッと吹き飛ばし、
僕はいつの間にか元気になれる。

「人生はうまくできている」
どうもありがとう。
[PR]
by kazekissa | 2007-02-02 01:10 | 日記