イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

匂い。

昨日は仕事で表紙を描かせて頂く本を読んで、
午後からはテレビの打ち合わせの為、草壁さんと森ノ宮へ。
環状線で今回はじめて降りたんだけど、
駅の周りは、自転車置き場の整頓さや、
緑や川やビルの匂いの割合が、
こないだ行った新横浜駅そっくりで、
白昼夢を見てるような気になるも、
駅前で、一緒に番組をする女性とバッタリ、
さすがにはじめて来た場所では鼻が効かないので、
若干20歳のその子に迷い犬2匹は、
待ち合わせ場所に誘導してもらう。

「春は桜満開で綺麗ですよ」なんて話を聞きながら、
川沿いの並木道を歩いて待ち合わせのホテルロビーへ。
プロデューサーさん、他のタレントさん、構成作家さんと合流しスタジオへ。

スタジオでは、ネットテレビ局の社長さんと、
編集係兼、副社長さんと打ち合わせとご冗談を。
廻る会話スピードの居心地が好きな感じだったので、
おつまみに置いてあったヒマワリの種をたくさん食べちゃったんだけど、
終った夏を弔っているような可笑しな気分になる。
ふと横を見ると、いつもより口が少ない草壁さん。
一方、夏と刺し違え、風邪をひいたようで、
それでも気を使って笑ったり、相槌をしてるのが、
「偉いなぁ」と思っていた。
僕だったら「不機嫌丸出し八つ当たりの刑」だよほんとに。
だけど、冗談を言っている場合でなく、
草壁さんの身体から独特の風邪の匂いが、
どんどん増して行って切り上げることに。

帰り道、行きと同じ並木道沿いでプロデューサーさんが、
川の向こうを指差して、
「ホテル街だから夜はライトギラギラで凄いで」って、
うん、どちらにしても桜ノ宮は生命力が綺麗な街で、
僕は匂いに翻弄された1日でした。
そういうことかな。

草壁さん、お大事に。
[PR]
by kazekissa | 2006-09-27 11:31 | 日記

思えるように。

昨日、日曜日は日本橋"おたくの殿堂"にて、
ラジオ「ミサイル・アパート」の公開録音でした。
まずはじめに、とにもかくにも少ない告知ながら、
来てくれたお客さんたちに感謝。

バンドのライブは何度か経験しているので、
やるまで気付かなかったんだけど、
考えたらラジオを3年やってきてはじめてのイベント。
これは楽天家の草壁さんと行動派の大野さんに感謝。

イベント自体は、準備不足や機材不足により、
30分遅れてスタートするも、
まぁいつも通りのラジオになり、
最後に登場してくれたぶたおさんが、
流石にしっかりと締めてくれて感謝。

率直な感想としては、単に聴く用に作る"ラジオ"と、
見せる用にする"イベント"では、大きな違いがありました。
編集やジングルで"番組"として出来ないのもそうだけど、
見せることの可能性を意識的にやれば、
回を増すごとに、もっとお客さんも喜んでくれるような
内容になるんだろうな。

バンドでのライブも毎回1回目は同じような後味で、
あんまりよろしくないんだけど、
後は上がることしかないと思えば、
硬い鉄の処女を破ったことにこそ、
第1回目の意義があったと考えて、
次はS▲ILS東京ライブに向けて練習再開。
そうそう、打ち上げ後の帰り道に草壁さんが、
「はじめて蓋を開けて感動した」と言っていましたよ。
最後に再び、来て下さったミサイラーの皆さん、
突然の申し出を快く受けてくださった葉月京先生、
会場と機会を与えてくれた"おたくの殿堂"にありがとうと、
これからも宜しくを。

あれが奇跡だったと思えるように今日を過したい。

b0102637_1824778.jpg

写真:邪王院弘
[PR]
by kazekissa | 2006-09-25 18:04 | 日記

日々を。

昨日は某バンドのニューアルバムジャケットを仕上げ、
お風呂に入りながら、次に表紙を描かせてもらう小説を読み、
ご飯を食べて、ラジオの編集・更新。

あれれ?怒涛のように忙しかったはずなのに、
文字にしてしまうと3行になった。
出来るだけ伝わるように「ご飯を食べて」とか書いちゃった。
そりゃみんなするわな。

そうそう、草壁さんから電話があり嬉しいニュース。
最近、映像に興味があったところ、
ラジオの次は、来月からTVの仕事に関われそう。

お腹が空いて、冷蔵庫を空けたら、
ほうれん草が切れていたので、
スーパー閉店間際の7時半に外へ出たら、
部屋の中より涼しくって、むしろ寒いくらい。
だからと言って、僕は長袖を着ない。
寒いのが好きだから半袖のまま歩く。

冬の日にアイスクリームを食べる女の子の気持ちだけは、
不思議と良くわかる気がした。
それは日々を大切にするということ。
[PR]
by kazekissa | 2006-09-14 22:27 | 日記

ALL DAY MUSIC

僕がギター・ボーカルを勤めるギターポップバンドS▲ILSが
以前、ジャケットを描かせてもらったワンノート主催イベントにて、
遂に東京で初ライブを行います。
b0102637_1751749.jpg10月14日(土)
「ALL DAY MUSIC vol.1」

会場/mona records
出演/
ゲントウキ
ワンノートS▲ILS
OPEN 18:30/START 19:00

チケット/前売り2000円
(ドリンク代別)
※今回の予約は60名限定で、電話受付のみになります。
mona records
tel.03-5787-3326
※受付は9/14の16:00から開始

これ以後、関東でのライブ予定は未定、チケットも60枚限定なのでご予約はお早めに。
[PR]
by kazekissa | 2006-09-11 17:56 | 告知

何てことない道中記。

今日は多摩美術大学の芸術祭実行委員の皆さまが、
パンフレット用のインタビューをしに来阪。
いい機会なので、最近堀江からアメリカ村に移転した
digmeoutCAFEを舞台に。
店の雰囲気も相俟って、リラックスした時間はすぐに過ぎ、
学生さんたちに、店長の古谷さんが地図を書いてたんだけど、
左手でペンを走らせていたので聞いてみると、
何と草壁さんと同じ「左利きAB型の芸大コンプレックス」って、
可愛くて可笑しくて笑っちゃったわ。

その後、最近運動不足なので、
心斎橋→なんば→日本橋→JR新今宮のルートで、
テクテクテクと歩いて帰ってった。
途中、なんばツタヤにて休憩、
あそこに行くといつもウンコしたくなるのは何故?
だから、タワレコでトイレを借りて、
お詫びに劇団ひとりの新DVDを購入。
すっきりしたので、うどん大王で肉うどんを食べる。
(この文脈での「肉うどん」って何か嫌な感じね)
あ、ガチャガチャ屋さんにも寄ったわ。
良く出来た金魚のフィギュアがあったので、
「いいな~、いいな~」と迷ったけど今回はスルー。
理由は良く出来すぎていて気持ち悪いので。

帰って来たら仕事のメールも返って来ていたので、
早速、今まで下書きを。いいかんじよ(つげ義春「海辺の叙景」より)
明日は昼から「ミサイルアパート」収録、
夕方~夜に、S▲ILSのレコーディング、
で、深夜までペン入れだな。

そうそう、ラジオのinfoseekサーバー落ちてるね。
楽天にメールも出したし、月曜くらいには復旧するかな。

最近は何だか、調子がいいわ。
身体もこころもスッとしてる。
草壁さんの真似をして呑んでる野菜ジュースのせいかな。
それとも残暑のフリをした秋のせいかな。
なら、窓を開けて寝よう。
[PR]
by kazekissa | 2006-09-10 04:15 | 日記

日記を書かないという事。

最近、何だか胸がいっぱいで、
たくさんの出来事はあったものの日記を書かなかった。
まぁ、別に日記に書くほど大した出来事が起こっていなかった
というのもあるけど、そんなに淡々ともしていないし、
夏の暑さにやられていた訳でもなく、とりわけ忙しい訳でもない。
こんなことを書くとクライアントさんに怒られるかもしれないので、
「日記を書けない程~」と前に付け加えておこう。

そうそう、今日(もう昨日?)は、
夕方にS▲ILSのレコーディングの為、
藤野さんのお家にお邪魔した。
もう3年以上の付き合いになるし、
ご近所さんなのにこれがはじめて。

そんなことを言い始めたら、
一昨日ラジオ収録に来てくれた
大学からの付き合いの小説家の月島さんの家にも
行ったことはないな。

レコーディングはギターのみ無事終了。
「続きはまた明日」ということで、うどんを食べに行って、
家に帰ってきたら、草壁さんが遊びに来た。
一緒にラジオをはじめてから、久々に収録以外で大切な話や、
下らない話をした時間も風が盗んで、
彼が髪を切っていて、とてもよく似合っていた
涼しげな印象が窓から入ってくる。


ほら、言わんこっちゃない。
何てことない1日なのにそれを記したのは、
少し長くなった夜に夏のしおりを挿みたくなったからだ。
[PR]
by kazekissa | 2006-09-04 04:56 | 日記