イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

ヤビャー。

よくよく考えてみたら、昨日の日記を書いている時は、
ちょうど京都が舞台の本の表紙を描いていて、
ここまで来るともう京都が呼んでいるとしか思えない。
いや、呼びつけられていると言ったほうが正しいのかもしれない。

そう、あれは確か4年前、はじめて京都タワーにのぼった時、
高所恐怖症の僕はあの串に刺さった団子のような展望台部分が
どうしても不安定に思えて仕方なく、
みんなが片方に集まったら達磨落しのようにスコンと抜け落ちるような気がして、
景色を見るのはやめにして(どうせ元から怖くて見れない)、
観光客団体が集まるちょうど対角線上に常に移動する作戦に出た。
そうすることによって、シーソーのように重さが均等になって、
おかげで僕は無事大阪に戻り、今日も元気に暮らしている。
おそらくまだあの部分が落ちていないのは、
奇跡的な確立による観光客のバランスによってだろうと思う。

という話をFM802に出演させてもらった時に、
「中村さんの絵って京都っぽいですよね」というDJの感想を皮切りに、
延々と電波に乗せたことがある。
たぶんそれを聞いて腹を立てた京都タワーの神さま、いやもっと現実的に考えて、
京都タワーファン過激派組織の番長(身長14.9m)があの手この手を使って、
僕を京都の何処かの高校の校舎裏へと誘い出しているに違いない。
となると、今回"講演会"というのは大学ではあっても校舎、
そして校舎裏があるので、かなりヤバイ気がする。

という話をする人はかなりヤバイ気がするね。
もうすぐトータルテンボスのDVDの発売日です。
[PR]
by kazekissa | 2008-11-07 18:37 | 日記