イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

鳥"ー。

今日はドリーと京都へ内藤ルネ展を見に行きました。
今まで同じ少女画でも中原淳一は共感できるけど、
何故か弟子で画風も似ている内藤瑠根(漢字ではこう書くらしい)には
今ひとつピンと来ず、「好きな画風なのになぜだろう…?」という霧が、
今回、気まぐれで展覧会を見に行ったおかげで晴れました。

内藤さん、いやルネちゃんは少女として少女を描いていたんだね。
女の子にしか生み出せないような可愛すぎてドロっとした世界がそこにある。
例えるなら真夏の甘すぎるケーキ。
だから、あまり男としては共感出来なかったんだなぁ、別腹じゃないから。
そして驚いたのは、薔薇族の表紙もずっと描いてたということ。
ソレイユより、そっちの男の子の方がもっとずっとリアルでセクシー。
竹久夢二や中原淳一の展覧会に比べ、男性客は僕一人で、
憧れと言うより、共感するのは、年齢も様々な恋する乙女達。
デパートで迷子になり、化粧品売り場の前を通り過ぎるような場違いな感覚。
とても勉強になりました。日曜日までISETAN7Fで開催中なので関西の方は是非。

その後、本当の迷子になり、京都の町をあっちこっち不安気に歩いている途中、
ドリーがコートのポケットに手を入れてきたので、ゴソゴソと弄ると、
チョコレートが入っていました。
言葉にならないので、リプトンに入り、お返しに絵を何枚か描いたその時です。
僕の少女は僕ではなくなったのです。
b0102637_5555619.jpg
BGM:宮村優子『ママ・トールド・ミー』
[PR]
by kazekissa | 2008-02-14 23:50 | 日記