イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

冬とチョコレート。

大学の後輩である坪井くんが遊びに来ました。
学生時代は同じコースで、しかも近所に住んでいながら、
しかもしかもその後、"副手"という学生を管理する仕事をやっていながら、
1学年下の彼とは一度も話したことがありませんでした。
今では考えられない程、当時の僕は人見知りで、
坪井くんはちょっと格好良かったのでうつむいていたのが、
今ではいい思い出です。

一方、同じく副手を一緒にしていたミワちゃんと彼は友達で、
卒業して阿倍野に引越し1年ほど経った頃、
小さな小さな同窓会的なものを開いてくれて、そこで同席したのがきっかけで、
お互いフリーで仕事していて、またまたご近所だったということもあり、
坪井くんとぽつぽつと会うようになりました。

そしてこの度、彼は東京に引越すことになりました。
その別れの挨拶に来たのです。
餞別に彼が最近はまっているという貴重品をプレゼントし、
彼も「つまらないものですが」と、おそらく全然つまらなくないものをあげる時にしか、
使わない言葉とともに紙袋につつまれたお菓子をくれました。
そして一緒に食事をして、「元気でね」とお別れをしました。

一夜明け、仕事を再開し、お腹が空いたなぁとふと横を見ると、
昨日もらった紙袋がありました。
開けてみると、チョコレートのスポンジケーキが入っていました。
僕は甘いものが苦手だけど、チョコレートだけは食べれるんだぁ。
あ、もう一回言うよ。「チョコレートだけは食べれるんだぁ」。
2月14日って何の日だったかなぁ?

まだまだ彼のことは全然知らないままだけど、
少し大人になっても僕は「君がいなくなると寂しいよ」という言葉でさえ、
ほろ苦いスポンジケーキと一緒に飲み込んでしまうのです。
そう、やがて喉元を過ぎる頃、再び春がやって来ているはずですね。
冬とチョコレートをごちそうさま。いってらっしゃい。
b0102637_18122941.jpg
餞別のPerfume1stALBUM(DVD付初回盤)を前にご満悦の坪井くん、阿倍野にて。


BGM:カンパネルラ『アメを食べる』
[PR]
by kazekissa | 2008-01-25 18:14 | 日記