イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

パンパンマン。

旅行に行くのが大の苦手です。
小さい頃、家族旅行に行く際、いつも僕のリュックは、
プラモデルや消しゴムや漫画でパンパンでした。
これ以上もう入るスペースがないので、
歯ブラシや着替えや雨ガッパなど旅行に必要なものは、
お父さんとお母さんの荷物のかさを増やしていたことでしょう。
それでも、出来ることなら自分のもの全部抱えて、
「そうだ部屋ごと移動出来たらいいのに」と言うと、
手ぶらのお兄ちゃんはケセラセラと笑っていました。

今はそんなことも言ってられないので、
その思いを振り切るように、旅行や出張で遠出する際は
小さなカバンひとつで極端に何も持たずに部屋を後にします。
だけどやっぱり不安で不安で仕方なく、
せっかくのバカンスなのに一睡も出来なかったりするので、こりゃ馬鹿ンス。
夏の夜空に一瞬の花火が咲いているのに、
ケータイカメラばかりを気にして、ブレた写真はいっぱい残ったけど、
何だか楽しくなかったなぁという事、誰にだって身に覚えあるでしょう。
そうそう、ちょうどそんな感じです。

一瞬のうちに過ぎ去ってしまう出来事や胸の中だけにあるものも、
所有物と同じくらい大切に思えたのならいいんだけれど、
やっぱり末っ子らしくどっちも欲しいので、
また誰かがケセラセラと笑ってくれるなら、
脚もポッケもパンパンのまま、も少し歩いてみようと思います。
[PR]
by kazekissa | 2007-11-25 01:41 | 日記