イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

あっちへカーブ。

以前、制作中なのですが、
人体のラインや人工物は法則がつかめても、
自然物を描くということに慣れることはありません。
資料を見ながら木の枝を指で辿ります。
もうこれまで何枚も描いていることだし、
ある程度、見当をつけ余所見をして、
こっちだろうと歩いて行くと、
道は思いも寄らぬあっち側へつつつっとカーブします。

自然物だって例えばその枝だったら、
より日光の受けやすい方向へ伸びているのでしょうけど、
それは本能の部分で、僕らは考えることが邪魔をして、
どうしても整った真っ直ぐや、まんまるにしようとしてしまいます。
そうですね。子供でもペンを持たせたら、
人や動物や花など、何かを描こうとします。
見たこともないような模様は
もっとふわっとした時にしか生まれないでしょう。

そのように、意識の手をぱっと離したら、
一見歪な形に見えても丸く収まることがあるかもしれませんが、
それが出来たら苦労はないし、
これが僕らの持つ優しさでもあると信じたいものです。
ちょっと話が抽象的だけど、
少し見習ってこんなところでふわっと終わってみます。
[PR]
by kazekissa | 2007-10-15 18:37 | 日記