イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

騙された。

スカパーを再契約したので、
1日中BGMとしてつけて
背中で音だけ聴きながら仕事をしていると、
ベンフォールズファイブをもっと軽やかにしたような
聴いたことのないギターポップの曲が流れてきたので
声から「スネオヘアーかAIRの新曲かな?」とも思いつつ、
メモを取ろうと振り返る。

ベレー帽でボーダーシャツを想像してたのに、
画面に映っていたのは対極に位置するだろう、
B-BOY風ファッションに身を包んだ男性がピアノを弾いている姿で、
曲名もアーティスト名もまだ出てきていなかったので、
最後まで見入ってしまった。

アーティスト名は"SUEMITSU & THE SUEMITH"、
メジャー1stアルバム『The Piano It's Me』。
b0102637_602514.jpg

その時のPVはアルバムにも入っていて、
アニメ「のだめカンタービレ」の主題歌にもなっているらしい
『Allegro Cantabile』でした。

先日、HMVに行ったとき、ジャケットだけは目に入り、
HIP HOPかR&Bだろうとスルーしたけど印象的な白と黒。
ピアノをイメージしたのだろう。
HPで視聴して、全曲良さそうだったので、
早速、TSUTAYAに走り、購入。

僕自体、CDジャケットの仕事に携わっているので、
こんな事を言っては自分への営業妨害にもなりかねないけど、
"時にジャケ買いはするべからず"かな。
予定調和でない新しい音楽との出会いは、
そんな中にもあるのかもしれません。

ギターポップからHIP HOPへのアプローチが
KIMONO MY HOUSE口ロロならば、
このSUEMITSU & THE SUEMITHなのかもしれません。

本来、B-BOYのBは文化を打ち砕くBREAKのB。
精神において立派なHIP HOPに久しぶりに出会いました。
是非皆様、Check it out!(安易)。


追伸/その意味ではこの人もB-BOY。ブンガクのね。
[PR]
by kazekissa | 2007-03-30 06:01 | 日記