イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

町から街へ。

3ヶ月ほど前に自転車の後輪が外れてから
押して行ける距離の自転車修理屋さんをハシゴしたけれど、
「自転車1台で何処へでも行ける不自由しないさ」
ゲントウキ"abeno-music abeno-life"でも
歌われている程、僕の愛車は特徴的なので
「部品がない」と言われ、廻され、
現在も屋根の下で安静にしているけど、
人間じゃないので骨がくっつく訳はない訳で。

僕の住んでいる町と繁華街である天王寺までは
電車では一駅分あるんだけど、
待ち時間を考えると歩いた方が近いくらいなので、
どうしても欲しいものがあったある日、
歩いて行くことにした。
勿論歩いて帰ってきたのだけれど、
するとどうだろう、これっくらいの運動なのに、
その日は良く眠れた。

それからというもの、買うものもないのに、
時間が空けば天王寺まで歩いてそして帰ってくる。
本によると男性は女性とは違い、
目的のないウィンドウショッピングは、
太古の名残で、獲物の取れなかった狩り=失敗
だと思うよう脳にプログラムされているので、
嫌う。しない。ようだ。
この場合、「良く眠れるような運動量」を
買いに行っているようなものなので、
手ブラな僕もやっぱり男性的なんだろう。

夜の散歩道、ウォークマンから流れるゲントウキの
"abeno-music abeno-life"に
「自転車なくても天王寺行ける不健康しないさ」
と替え歌をつけて、東京ライブのご褒美に、
自販機でコカコーラを買って乾杯する。

あ、プラスマイナス0カロリーだ。
僕の自転車は治らない。
[PR]
by kazekissa | 2007-03-05 14:49 | 日記