イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

まぁ、いいさ。

ダイヤモンド・ボッサを脳内で歌いながら、
最寄の自転車屋さんに行ったら、
ファーストクエスチョンアワードのテーマがかかっていて、
冬の朝はそんなことが嬉しかったりします。
うん、そう。コーネリアスの曲。

それで一旦自転車は預けて本屋さんへ
いまやっている仕事の資料用に、
赤ちゃんとママ関係の本を買いに。
自意識過剰なのと、大学の頃まで良く、
女性と間違われることも多かったので、
「こんな本を買ったら女性だと思われんじゃないか!?」
と何だかわからないけど、気恥ずかしかったので、
ちびまる子ちゃんの14巻も一緒にレジへ持っていく。
何てこった、これじゃあ年齢不詳になっただけじゃないか。
とりあえず「領収書下さい」と、
仕事用ということをアピールしておいた。
本屋のおばあちゃんに。

だけど全て無駄なことだったかもしれない。
だって、僕が近所を徘徊するスタイルは、
上・スキージャンパー/下・パジャマ/靴・革靴
という、おいなりさんとコーンスープとフォークみたいな、
「私たち、そもそも出逢ってはいけなかったんだわ」的セットだから。

まぁ、いいさ。
自転車が治って戻ってくる頃には、
仕事もライブも終ってるので、
より軽くなったペダルで僕は冬へと走り出すだろう。

だろう。
[PR]
by kazekissa | 2006-12-22 02:45 | 日記