イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

氏、曰く。

今日はテレビのロケで知り合いになった音大生の子の、
音楽会に阪急宝塚線に乗って庄内まで行ってきました。
所謂"現代音楽"というジャンルらしく、
絵画で言ったら"抽象画"に近いのかな、
全然、その手のジャンルはノータッチだったんだけど、
2時間が短く感じられるほどスリリングで楽しめました。

もしかしたらクラシックがライブとして見ていて、
一番面白いのかもしれない。
ロックバンドはアンプとスピーカーを通して音を大きくするけど、
ああいったコンサートはほとんどがマイクなしの生音で、
大きな音を出すときはおもいっきり弾く、叩く、声を張る。
つまり何もフィルターがかかってないんだよね。
ほら、例えば僕の絵でも、HPのモニター上で見るのと、
展覧会で絵の具で塗ったものをみるのとじゃあ、
違った印象があると思うんだよね。
何かこう字数を積み重ねるほどに、
洋楽日本盤の胡散臭い解説みたいになってくるので完結に。
機会があれば是非行ってみてください。
意外といいもんですよ。どちらもね。

で、終り次第、一緒にラジオをやっているCHAMIちゃんの
お誕生日パーティに出席する為、地下鉄で心斎橋へ。
会場にはいつもの草壁さんやミキティ、
ベアーズメンバーの自分BOXさんや保山さんの姿も。
そして漫力で共演させて頂いた竹内先生、
葉月先生とアシさんたち、SEIJI先生と再会、光栄でした。
内木くんとも久しぶりに喋れて良かった。
池垣さんとはじめてお逢いできて嬉しかった。
最後に、CHAMIちゃんお誕生日おめでとう。

良い機会に恵まれた1日でした。











と中村氏が言っていました。
[PR]
by kazekissa | 2006-11-18 04:59 | 日記