イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

思えるように。

昨日、日曜日は日本橋"おたくの殿堂"にて、
ラジオ「ミサイル・アパート」の公開録音でした。
まずはじめに、とにもかくにも少ない告知ながら、
来てくれたお客さんたちに感謝。

バンドのライブは何度か経験しているので、
やるまで気付かなかったんだけど、
考えたらラジオを3年やってきてはじめてのイベント。
これは楽天家の草壁さんと行動派の大野さんに感謝。

イベント自体は、準備不足や機材不足により、
30分遅れてスタートするも、
まぁいつも通りのラジオになり、
最後に登場してくれたぶたおさんが、
流石にしっかりと締めてくれて感謝。

率直な感想としては、単に聴く用に作る"ラジオ"と、
見せる用にする"イベント"では、大きな違いがありました。
編集やジングルで"番組"として出来ないのもそうだけど、
見せることの可能性を意識的にやれば、
回を増すごとに、もっとお客さんも喜んでくれるような
内容になるんだろうな。

バンドでのライブも毎回1回目は同じような後味で、
あんまりよろしくないんだけど、
後は上がることしかないと思えば、
硬い鉄の処女を破ったことにこそ、
第1回目の意義があったと考えて、
次はS▲ILS東京ライブに向けて練習再開。
そうそう、打ち上げ後の帰り道に草壁さんが、
「はじめて蓋を開けて感動した」と言っていましたよ。
最後に再び、来て下さったミサイラーの皆さん、
突然の申し出を快く受けてくださった葉月京先生、
会場と機会を与えてくれた"おたくの殿堂"にありがとうと、
これからも宜しくを。

あれが奇跡だったと思えるように今日を過したい。

b0102637_1824778.jpg

写真:邪王院弘
[PR]
by kazekissa | 2006-09-25 18:04 | 日記