イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

スプーン一杯の日曜日。

昨日は夕方にしゅうちゃんが遊びに来ました。
実家は西宮、現在は尼崎とずっと兵庫県に住んでいるので、
大阪の道に迷ったらしく、3時間くらいグルグルしてたみたい。
「すまんすまん」と恥ずかしそうに俯いては、
チラッとこっちを伺い笑うさまは、
時間旅行の起爆剤に十分すぎるほどそのままで。
その上、駐車場に車を止めようとするも、
溝に前輪がはまってしまい、
通りすがりのおじちゃんと一緒に「よっこいしょ」。
やっぱり下町はいいところだと彼も言っていた。
そりゃそうだろう。

部屋につき、座ってお茶でも飲みながら、
僕が内心、高校時代のことをどう思っていたのか、
を話したら「以外や」だって。
10年たってわかる真実もあるんだなぁと、
何だか可笑しかった。
その後、ご飯を食べたら時間になり、
振り返ってばかりもいられないけど、
僕らはもう古い友達じゃないので、
心のさよならは必要なかった。

夜は5月28日(日)・本町nuthingsのライブを控える、
我がバンド「S▲ILS(セイルズ)」のバンド練習。
今回、メンバードラマーが指の怪我の為、
jew's-earでも活躍しているベースの堤俊介くんの
大学時代の後輩の豊福優子さんがサポートドラムにて初参加。
彼女は「シフゾウ」というバンドで、
ボーカル・キーボードもやっている実に多彩で音楽好きな眼鏡ガール。

その小さな身体からは想像も付かないほど、
芯のしっかりとしたドラムに、練習も上手く行きました。
これはライブが楽しみだ。

帰ろうと外へ出てみると、
何と俊介くんの自転車がない。ない。
何処を探してもなく、
全国で自転車の一番多い町「阿倍野」で盗られるなんて、
ある意味奇跡だよと思いつつ、
終電もなかったので、僕の自転車を貸して、
僕は近いのでリーダーの藤野さんと、
夜道をテクテクと歩いて帰りました。


そんな風に誰かと誰かも、木や草も同じように
離れてはつながって地球は周っているけど、
僕にはひとつ嬉しいことがあったので、
こんな晴れた日は布団を干すだけの
ささやかなアベノライフ。


「American Weekender!」
■日時/5月28日(日)
■場所/本町nutings
■出演/cleandistortionquarrychoco(from Spaghetti Vabune!)・S▲ILS
■時間/OPEN 18:30 / START 19:00
■チケット/adv¥1500 / door¥1800(with 1drink ¥500)
[PR]
by kazekissa | 2006-05-21 12:41 | 日記