イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

ベレー帽

b0102637_8163188.jpg
きらら来月(2010年11月)号・下書き

お久しぶりです。バタバタと慌ただしくしているうちに町はすっかりしんとした秋。
今年はベレー帽が流行っているようで、おかずがなくても、
ベレー帽を見てるだけでご飯3杯が食べれるくらいベレー帽好きの僕としては
嬉しい限りです。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

また今年はあんなにも日照り続きで暑かった夏から
こんな涼しい気候になると、窓を開け放って寝たくなりますよね。
それなのに我がバンド・セイルズのベース飼原さんは、
窓を開けるとマンションの上の住人の夜の営みの声や音で、
余計眠れなくなるので、締め切る他ないそうです。
自然音をサンプリングしてリズムを作ったcorneliusやクチロロもビックリの
あえぎ声のみで構築された実験音楽がボーナストラックで入るかもしれませんね。
次のアルバムに。
b0102637_8474681.jpg
そう、もう先月末のことになりますが、京都のスタジオハナマウイにて、
引き続き我がバンド・セイルズのミニアルバムのレコーディング。
そしてついにその日は最終段階・ボーカル録音の段階でした。
好みで言えば音楽は不安定なボーカルが好きなのですが、
「仕事にプライベートは持ち込まない」それがプロというものですので、
もう、そうは言ってられません。とにかく歌の上手い人の音楽を聴こう。
そう思い、絵を描きながら、美空ひばりとちあきなおみと石川さゆりをヘビーローテーション。
ずっとなぞって歌っておりましたので、
最近の僕の絵の女性が若干大人っぽいのはそのせいかもしれません。
通り越して文庫本やCDジャケットから酒と涙と日本海の匂いがしてきても、
このような理由でしたので、川の流れのように受け流して頂ければ幸いです。

その努力の甲斐もあり、レコーディングは順調に進んで行きました。
その中で『わたしの穴』という曲があるのですが、
(デモバージョンはコチラでお聴き頂けます)
「わたしの大きな穴♪」という決め台詞があります。
タイトルにもなっている大事なフレーズなので、
音程が少しでも外れていると、何度でもその部分だけ歌い直しました。
「でも何度歌っても、この"穴♪"という部分が気になるんですよねぇ」
と言うと、レコーディングしてくれている宮さん、
「僕も"穴"は34年間ずっと気になっています!!」とのこと。
下ネタでした。早速奥さんに報告しようと思います。
b0102637_7543337.jpg
右が元・ヨーグルトプゥ、現・穴が非常に気になっているスタジオハナマウイの宮さん。

そしてノルマ3曲は無事終了、実はその日はアコーディオン・あっちゃんの
記念すべき25才の誕生日でもありました。
何かプレゼントしようと、僕の大好きな電車のドアの横のスペースを譲ると、
b0102637_7533670.jpg
何だかまだ不服そうな顔をしているので、ベースの飼原さん行きつけの
梅田にあるアジ専門の洋食屋さんへ3人で行くことになりました。

2人はシャンパンを頼み、僕はアルコールアレルギーなので、
いつも通り烏龍茶を飲みながら、久々にメンバーとスタジオ以外の日常をゆっくり過ごしました。
25才と言えば、堂島孝平さん「25才」、AIR「25 Yaes Old」、どちらも大好きな曲です。
僕はそんな年齢を7年も過ぎてしまいましたが、思い返してみると、
「若者であって、まだ大人にならなくていいもん」とどこかで思っていたのが、
もう四捨五入すると30なので、そんな言い訳もできないような数字だと感じ、
仕事のことを真面目に考えだしたのをよく憶えています。
バンドを本格的にはじめたのもちょうどこの頃でした。
あっちゃんは一体どんな25才になったんだろう?
何か新しいことははじめたのかな?と思い聞いてみると、
「ブログを引っ越ししたい」とのこと。
彼女はすでにブログを持っていたのですが、
デザインやアップロードの方法が気に入らないので、
というより、いつもコメントが0件なので心機一転やり直したい!
という様子でした。

しかしブログと言ってもこのエキサイトブログをはじめ、今や様々な種類があります。
その中でも"アメブロ"は芸能人の方が多く利用していて、
アクセスランキングも出るので、注目度が高いとアドバイスして、
携帯電話でその画面を見てみました。
すると彼女は「知ってるねん。そこに前田敦子って人出てるでしょう?」
どうやらAKB48のメンバーの方で、ランキング上位として表示されていたようなのです。
「その人のニックネームも"あっちゃん"って言われてんねんけど、
同じ"あっちゃん"やのにコメントいっつも2000件くらい付いてるねん・・・
だからアメブロは避けたいねん!!」と言いました。

彼女は25才になってAKB48をも視野に入れた大きな夢を持ったようです。
ということですので、みなさまぜひ、あっちゃんの新しいブログに書き込みに行ってやって下さい。
2度や3度とは言いません。せめて2000回。どうぞ宜しくお願い致します。
b0102637_7534914.jpg
こぼれそうなほどたっぷりの情熱。25歳、僕もそんな感じだったと思い出しました。
[PR]
by kazekissa | 2010-10-08 08:43 | 日記