イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

番組の途中ですが、

さて九州編をお送りしている途中ですが、一旦告知を挟みますね。
まずは今後のサイン会日程です。

サイン会@三重 日時:3月13日(土) 14時~ 
シェトワ白揚四日市書籍館 お問い合わせ: 059-354-0171

トーク&サイン会@岐阜 日時:3月20日(土) 13時30分~ 
三省堂書店岐阜店 お問い合わせ: 058-212-0690

トーク&サイン会@和歌山  日時:3月22日(月・祝) 13時~
TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店  お問い合わせ: 073-480-5900

トーク&サイン会@茨城  日時:3月28日(日) 13時~
リブロひたちなか店  お問い合わせ: 029-265-2655

サイン会@東京 日時:3月27日(土) 13時~
紀伊國屋書店国分寺店 お問い合わせ: 042-325-3991(10:00~22:00)


また久々の大阪での講演会もあります。

創っ展2010《ツクッテン》ATC関西学生卒業作品展 vol.15
中村佑介講演会
 日時:3月21日(日) 入場料:無料 16:00~17:30
会場:ATCビル ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ10階 特設会場

関西の建築、インテリア、建築デザイン、プロダクトデザインなどの勉強をする
学生のための総合的な卒業作品展ですが、一般のお客様でもご入場できます。
講演会と銘打ってありますが、いつもの(久々の)柏木くんとのトークショーです。
その後にサイン会も予定しておりますので、ぜひ遊びに来て下さいね。


そして今年初めてのセイルズのライブは名古屋。

2010年4月2日(金) ~GRANCHと音の旅~
GRANCH『Photograph』レコ発イベント

会場:名古屋新栄クラブロックンロール
開場 18:30 /開演 19:00
チケット:前売り1,800円 /当日2,000円 (別途ドリンク代500円)
出演バンド:S▲ILS 雰囲気 DIEZEL GRANCH

セイルズは只今レコーディングに入っており、今年はCDを発売しますので、
ぜひ、応援に来て頂けるとうれしいです。
また大阪は5/29日(土)、東京は6/12(土)を予定しております。
こちらは詳細が出次第、また告知しますね。


そしてサイン会全国制覇記念イベントがあります。

4月24日(土)『47都道府県のBlue Film
中村佑介『BLUE』トークイベント

会場:VACANT(東京・原宿)
時間:展示 / 13:00~16:30 トークショー/ 17:00~(※予定)
トークショー入場料金:1500円(1ドリンクがつきます。)

まだ未定のところが多いのですが、これまでのトークショーの集大成的内容を中心に、
47都道府県ツアーのトークやスライド、ビデオの上映、対談や実演のコーナーもあります。
原画展示の閲覧は無料となっており、夜からのトークイベントは入場制となっております。
また色々決まり次第、こちらも告知してゆきますので、
とりあえず、関東の方は4月24日(土)のスケジュールを空けておいて下さいね。
おねがいします。こちらも大阪と名古屋でも開催予定です。


最後にイラストのコーナーです。
まずは、本日10日(水)にポプラ文庫ピュアフルより
b0102637_18142154.jpg
↑『私の大好きな探偵』に引き続き表紙を描かせて頂いた
仁木兄弟の事件簿シリーズ第2段『猫は知っていた』が発売されました。
b0102637_1834826.jpg
仁木悦子著『猫は知っていた~仁木兄妹の事件簿
ISBN:978-4-591-11677-7 / ポプラ文庫ピュアフル / 定価:620円 (本体:590円)

仁木悦子さんは学校教育を受けず独学で江戸川乱歩賞を受賞し、
当時日本のミステリーは売れても6000部だった時代、
実に13万部売ったという作品、それがこの『猫は知っていた』になります。
ミステリーとしても、児童文学としても、昭和をひも解くキーワードとしても、
大変重要な作品の再版、ポプラ文庫ピュアフルさま、ありがとうございます。
皆さまも是非この機会に"日本のクリスティ"こと仁木悦子の世界に触れてみてはいかがでしょう。

そして、雑賀俊郎監督『海の金魚』という映画作品のキービジュアルを担当させて頂きました。
主に上映館でのポスターやポストカード、グッズなどに使われるそうです。

鹿児島を舞台にヨットレースに挑む高校生5人のひと夏の物語。
3月13日(土)からの九州先行公開、そして4月10日より全国順次ロードショーです。
お、九州づいてますね。こちらもぜひ。詳しくは公式サイトをご覧ください。


以上、臨時ニュースをお伝えしました。
引き続き『僕のアベノライフ~九州編』をお楽しみください。
[PR]
by kazekissa | 2010-03-10 18:06 | 日記