イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

ニヤニヤザワザワ

激動の1日でした。

今日は昼から東京読売新聞の取材で森田さんという記者様が
仕事場である自宅にいらっしゃいました。
NHK『トップランナー』に出演した際にも、
「お風呂に入っていて遅刻した」というエピソードがありましたが、
アナウンサーの安住さんにどことなく雰囲気が似ている真面目な森田さんは、
社会の掟"30分前集合"で、僕は僕の掟"30分までなら遅刻に入らない"で案の定お風呂に入っており、
髪を濡らしたまま「のび太さんのエッチ!」のゴングと共にインタビューははじまりました。
数分後にカメラマンの方が到着し、その方は大阪の方の読売所属なので挨拶は、
「はじめまして森田です」のユニゾン。
そうです、変なおじさんです。じゃなくって、何とお二方同じ名前だったのですね。
それでニヤニヤしてるW森田は良いものの、困ったのは残された僕の方。
僕の名前も森田だったら一緒にニヤニヤニヤ出来たのですが、
あいにく中村、母方の姓も山下なので、どうあがいても森田化出来ない僕が、
「森田さん」と読んでも2人とも振り向いてしまう訳なのです。
結局途中からは「東京の森田です」「大阪の森田です」と、
まるで各地方に森田さんが一人しか存在しないような言いっぷりで、
それを想像すると僕もやっとニヤニヤ出来て、結果和やかなインタビューとなりました。
つまりやっぱり変なおじさんだったという訳ですね。
3月頃の読売新聞で見れると思いますので、そのニヤニヤ森田会に参加して頂けると幸いです。

それが終り次第、夕方からはイラストの仕事に取り掛かり、
良いのが出来て一安心するも束の間、提出してすぐさま家を出ます。

そう、夜からは今度は大阪読売新聞本社にてトークショーがありました。
参加は読売に会員登録している大学生が対象だったので、
今回はちょっとアダルト目の、と言っても大人っぽい落ち着いたという意味ではなく、
その名の通り、やっとトークショーでアダルトビデオの話がたくさん出来ました。
僕が俵万智さんだったら、今日という日を"アダルト記念日"と名付けてると思います。
トークショーも無事終わり、続くサイン会で、
いつも東京まで講演会やイベントに来てくれる茂木さんという女の子の姿を見つけて、
「前は東京まで来てくれてありがとう」とお礼を言うと「私東京在住ですよ」ってなんと逆。
つまり"東京までイベントに来てくれる茂木さん"改め、
"大阪までイベントに来てくれる茂木さん"に僕はいたく感動していたんだけど、
他のみなさんはその事実にやはりザワザワしていて、
「やっぱり引きますよね。母からも"ストーカーと思われるわよ!"と注意されました。」とのこと。
続けて、「でも私なんて中学生の時から追いかけてるんですよ!
そんじょそこらのストーカー扱いされては困ります!それ以上です!!」と、
茂木容疑者は容疑を認めながらも、なおも強気の発言。飛鳥新社へ書類送検となりました。チーン。

冗談冗談。茂木さん、また東京で会おうね。
最後に、大阪読売新聞トークショーにお集まり下さった皆さま、
社員、スタッフの皆さま、どうもありがとうございました。
楽しかったです。また会いましょう。

穏やかな1日でした。あれ?
[PR]
by kazekissa | 2010-02-18 04:42 | 日記