イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

1、2…

四国はその名の通り、別々の文化を持つ4つの国でした。
ということで、大阪に帰ってきたので、ぽつぽつと思い出しながら
日記を書こうと思います。

まず、はじめに行ったのは愛媛県。
サイン会前日の夜に到着し、その日はこれから続く長旅に向けて道後温泉へ行きました。
b0102637_1233617.jpg
沼田さんは湯船の中で足をずっとクロスしていたのですが、
それは決しておちんちんを隠そうとしていた訳ではなく、
おそらくVサインで、四国制覇の勝ち名乗りを先に上げていたに違いありません!
そして次の日はジュンク堂・松山店でサイン会。
来て下さった皆さま、書店スタッフの皆さま、どうもありがとうございました。
お土産をくれたナツキさん、お菓子も勿論美味しかったけど、
袋とちょうちょの色合いが凄く綺麗だったで、
四国道中の本入れにさせてもらいました。
そんな読書家の僕が今回旅に持っていった本がコチラ。
b0102637_1301223.jpg
筑紫さんの本が「せめてもの」というか、何だか言い訳臭いラインナップになってしまっておりますが、
"武藤敬司さん"と"ふかわりょうさん"と"寺門ジモンさん"の本は本当に面白いんですよ。
名付けて、筋肉に挟まれたマッスルームバーガー!お試しあれ。

そして、その日の夜に徳島へ移動。
「バスは遅そうだから」という理由でレンタカーを借りようとする沼田さん。
ふと看板を見ると、高速バスの名前、その名も"坊っちゃんエクスプレス"。
確かに映画化される小説『坊ちゃん』の舞台となった地でもあるし、
安全運転は間違いないだろうけど、なんて遅そうなバスの名前なんだ!!
だけど、今まで人生で唯一読んだ漫画といえば「ビーバップ」と「クローズ」と「ろくでなしブルース」という、
どう考えても元ヤンキー疑惑のある"沼田エキスプレス"だったらもっと恐い気がしたので
&疲れてそうだったので、健康と安全を考え、今回は大人しくバスにして無事徳島へ入国。

心機一転、次の日は徳島。
朝食は鳴門金時コロッケを使った"徳島バーガー"なるものが大変美味しかったですが、
b0102637_149552.jpg
さすが徳島のさつまいもは成長が早く、食べ終わったと思ったはずが、
目を離すとどんどんチップス増殖!食べても食べてもなくならないようです!!
b0102637_150763.jpg
…好き嫌いはやめましょうね、沼田さん。

書店巡りをして、僕の「高所恐怖症だけど、ちょっと高いところは好き」癖と、
沼田さんの紅葉好きの意見がマッチし、空いた時間で眉山ロープウェイに乗らせてもらいました。
b0102637_234056.jpg
b0102637_235757.jpg
b0102637_241054.jpg
このように山頂はいろんな意味で異世界に迷い込んだかのような美しさです。
と思っていると、下の洋服屋さんの人形、本当に怖ッ!!
b0102637_27249.jpg


そして無事眉山アナザーワールドから生還した僕らは、
サイン会場であるBookCity平惣・徳島店へ。そこには何と120人の人が集まってくれました!
徳島の人は細い!みんな細くて可愛い!!(ただの好み)
と休憩時間にはしゃいでいたら、店長さんが「いや、中村さんのファンだけですよ。
なんせ徳島は糖尿病率No.1で、うちの書店でもそれ関係の本が一番出てますから…」と、
喜んでいいのか良くないのかわからない売上データを見せてくれました。
「…そ、それだけ徳島バーガーをはじめ、美味しいものが多いってことですよねっ!」
とフォローが大変でしたが、無事終了でその晩は炭火焼き肉に連れてってもらいました。
b0102637_2101985.jpg
「上手いっ!」…って、こりゃ糖尿病にもなるわ!!
徳島の皆さま、平惣・徳島店のスタッフの皆さま、どうもありがとうございました。

その夜、次の香川へ移動。いくら空いてるからといって、
前の席をも贅沢に荷物置きにする沼田さん。
b0102637_2155412.jpg
ちょっと寝て起きたら、意味がないことに気付いたのか、
隣の席にコンパクトにまとまっていました。

残り2国、後半へつづく
[PR]
by kazekissa | 2009-12-09 01:11 | 日記