イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

その他のジャンル

手テノア

昨日、近所のたばこ屋さんに行くと、いつもはおばあちゃんなんだけど、
今日は出かけてるらしく、おじいちゃんがひとりぽつんとテレビを見ていました。
そうかぁと思い、お釣りを受け取る時、そして僕は見つけてしまったのです。
おじいちゃんの指に光る小さな小さなアコーディオンを!
b0102637_4223740.jpg
おじいちゃんは昔プロのアコーディオン奏者として活動されていて、
たばこ屋の隅でもアコーディオン教室を開いていました。
そして店内の至る所にアコーディオンに関するグッズが飾っていたのは目に入っていたのですが、
さすがにこれは気付きませんでした。何と可愛いことでしょう!
そして100万円以上するアコーディオンを弾いてもらったり、
b0102637_431493.jpg
子供の頃の話をたくさん聞かせて頂きました。
が、僕があまり話に集中出来なかったのは、はじめて上がらせてもらった奥の部屋にあった、
アコーディオン型のライターが気になって気になって、仕方なかったからです。
僕はアコーディオンではなく、変な形のライター方面からの収集家で、
それはアコーディオンの蛇腹を縮めると火が付き、アコーディオンの演奏音も流れるという、
何とも理想的で、見たことのないものでした。
おじいちゃん、そのアコーディオンをライブの時に使わせてほしい女の子と、
そのライターを虎視眈々と狙っている人が近所に住んでいるらしいので、
どうか、いつまでも長生きしてね。いろいろ気付かないもんだ。

そして今日は打ち合わせの為、只今展覧会を開催させてもらっている
digmeoutART&DINERに行ってきました。
すると、偶然にもぱぱぼっくすのライブが近くであるということで、
樽谷先生とみなさんが来てくれました。そしてお花もくれた美容院テテノアのユウコに、
お礼に絵を描いてあげました。
b0102637_4383232.jpg
手に
b0102637_4384115.jpg
こんな風に
b0102637_438511.jpg
ぐるぅりと。
今までTシャツの布地にはあったけど、流石に肌に直接は、
小学生の時、ゼルダの伝説の紋章を手に書いて以来なかったので、
どうなることかと思いましたが、何と女の子の肌はケント紙よりもずっと描きやすかったです。
これでユウコは阪急電車の帰り道、否が応にも無事座れたことでしょう。
みんなありがと。

そしてセイルズのあっちゃんと、彼女が働いているカフェの皆さんも遊びに来てくれました。
b0102637_449690.jpg
みんないい子。
梅田の方でこの顔の方たちが働いてるカフェを見かけたら、どうぞごひいきに。
あっちゃんは感化されたのか、「個展カコイイ!アタシモココデスルアル!!」と
意気込んで鼻息荒く帰って行きました。2H~4Bの鉛筆と練り消しと画板と、
涙を拭う用のハンカチを買っておきなさい。

その後はようやく打ち合わせ。
大阪芸大のみなさん、まだ言えないけど、春に楽しいことが待ってるよ。
ひとまず図書館に今回の個展ポストカードを置かせてもらったので、
是非取りに行ってあげてください。いくつもの秘密が隠れているあの埃の匂い、
僕は大好きでした。わが母校。

最後に食事。世界一おいしいオムライス。
b0102637_4564489.jpg
digmeのみんな、今日もどうもありがとう。ごちそうさまでした。


b0102637_459193.jpg
いろいろ気付かないもんだ。
[PR]
by kazekissa | 2009-08-11 05:07 | 日記