イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

わたしの滝

昨日は柏木くんとS▲ILSのアコーディオン・あっちゃんとdigmeoutのハマジと、
兵庫県養父市にある天滝へ行ってきました。
みんな大阪住まいなので、普段の都会を離れ自然に癒されに行くつもりだったようですが、
僕ははなからそんなつもりはなく、心には静かな闘志の炎が燃えておりました。
目指す天滝は山の上、2、3ヵ月ほど前に板東英二がテレビの生放送で登っているのを見て、
69才の板東さんが登っているのに、31才の僕は昼間っから家で何(ゴロゴロ)をしているんだ!
と奮起し、ようやく昨日に至ったわけです。

養父(やぶ)市は兵庫県のかなり北の方に位置します。
字面だけ見ていると、妻に愛想もつかされた働かない酒びたりのオヤジが、
娘がファミリーレストランのバイトで地道に貯めた大学入学資金を、
「100万倍にして返してやらぁ!」とギャンブルに出かけてゆく様を想像してしまいますが、
但馬牛やあゆが有名なのどかな田園風景が広がります。
大阪からだと2時間半くらいかかり、山はすぐ暗くなるし、
その後にみな用事もあったので、早めに出ようということになりました。
「前日にヤマダ電機の駐車場に車をとめていたところ、戻ったら閉店してた!」
と柏木くんから30分遅れるとの電話。
もうすでに待ち合わせ場所にいる時間のハマジに電話すると、
「大丈夫、いま家出るところだから!」
この場合の大丈夫は、本当に大丈夫なのか彼女の未来がとてつもなく心配ですが、
そんなハマジのブログを毎日かかさずチェックしているという大ファンのあっちゃんは、
ミスタードーナッツでドーナツの空洞に期待を詰め込み、
ひとりけなげに待ちわびておりました。
あまりに不憫で、僕が一番気に入っていて誰にも貸さなかった
秋元美由ちゃんのアダルトビデオをお土産に持って行くと、
柏木くんとハマジに「自然に何しに行く気だ!」と怒られましたが、
母さん、優しさとは難しいものですね。

そして途中のカクカクシカジカはハマジのBlogを辿ってもらうことにして、無事天滝に到着。
b0102637_15374370.jpg
さぁ、登るぞ!
想像以上に素晴らしい景色とそれを演出する恵まれた天候にみんな驚いていました。
が、当初からの目的の通り、板東英二さんが40分で登っていたからには、
それより早く登らないといけないので、景色にも前を行くおしりにも目もくれず山頂へいちもくさん。
b0102637_15471781.jpg
おいてくぞー。
b0102637_1548095.jpg
待っで~!
b0102637_15485363.jpg


そして30分で無事山頂へゴール!これが天滝だ!!ドーン!!!
b0102637_15522612.jpg

たけー!でけー!!あれ、ところでみんなは?
b0102637_1555954.jpg
おいおい、こんなところで寝…………しっ…!死んでる!!
b0102637_1605472.jpg
うそだよ~ん。(柏木くんは本当でしたが、無事蘇生しました)

あっちゃんは化粧道具などは車に置いてきたのに、
美由ちゃんのDVDだけはしっかりと握りしめて、円板の空洞から天滝を望んでいました。
ドーナツもDVDも穴があるものがお好きなようで、ここで1曲お聴きください。
S▲ILSで『わたしの穴』。どうぞ。(気に入って頂けた方はどうぞコチラへ)


楽しかった。付き合ってくれた3人と、坂東さんにホンバディドウボありがとう。
[PR]
by kazekissa | 2009-06-08 16:13 | 日記