イラストレーター、ミュージシャン中村佑介のオフィシャルブログ または心のおもらし。Twitterは@kazekissaまで。


by kazekissa

プロフィールを見る

ライフログ


illustration (イラストレーション) 2015年 3月号


NOW-中村佑介画集


きららちゃん


Blue-中村佑介画集


中村佑介ポストカードブック「RED」


中村佑介 ステーショナリーブック ([バラエティ])


中村佑介2014カレンダー


イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)


illustration (イラストレーション) 2011年 11月号 [雑誌]


ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア


YOU


Pink


天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付)

ブログパーツ

リンク

人気ジャンル

Sail Fountains-One

昨日は神戸WINTERLANDにてS▲ILSのライブでし…いや違う違う、
名古屋からabcdefgRecordのmiette-oneこと橋本さゆりちゃん、Soda fountainsと、
どうせアコースティックならみんなで一緒の方が楽しいだろうと合体して、
Sail Fountains-Oneとしての解散初ライブでした。

『POP STEP PICNIC』はギターポップで統一されたイベントで、
今回は東京からの、いわゆるメジャーフィールドからのゲスト出演者がなかったので、
客入りが心配されていたのですが、箱を開けてみるとビックリ、
たくさんの人人人、そして逆に東京からたくさんお客さんが来てくれていて、
2009年とは思えない空気がそこにありました。

我々S▲ILS、前回の京都大会でのライブでCDを配ったら好評だったので、
今回は内容も枚数も増量してCDを持っ行ったのですが、
楽屋で、あっちゃんのアコーディオンはセンス抜群なのに、絵はセンスゼロというトピックになり、
その中の一枚に彼女の一押しキャラクターを小さく書いてるところで本番の時間、
おしりのふとんを歌っていたら熱が入りすぎて久しぶりに弦を切ってしまい、
僕のおしりへの愛情が証明されたのは良いのですが、
「こんな歌歌ったら、お客さんみんな恥かしい」だろうというサディスティックな心づもりが、
逆にシーンと見られの形勢逆転、とても恥かしかったです。
が、僕はそういうのも好きな2刀流なので心配いりません。
b0102637_16305957.jpg
あっちゃんは色んなアーティストのサポートでも出演して、
末っ子目立ちたがりジョッキが並々と満たされたのか、
昨日はあまりビールを飲んでいないのに終始ご機嫌でした。
飼原さんは、今回もリーダー藤野仕事の都合により不在だったので、
リーダー代理をしていたので、終ってホッとしていました。
ただ一点気になるのは、車の運転をするときだけ目つきが変わり饒舌毒舌になるのですが、
それは中学の時はじめてコピーしたのが布袋の早弾きという、
心の引出しの一番奥に"デラべっぴん"と共に隠していたロック魂が再燃するのでしょう。

ライブ終わりに、いつもお世話になっているアヤカンが、
「私のだけ絵が書いてあったんですが、アタリですか?」
…アヤカン、アタリはアタリでも食当り、早い話ハズレということで、
お詫びに前回ライブで配ったCDを差し上げることにしました。

最後に、今回忙しい中、名古屋から駆けつけてくれたmiette-one橋本さゆりちゃん、
スタジオ練習が終った後のセクハラに良く耐えてくれたSoda fountainsのお二人、
共演してくれたみなさま、主催の青山さん、ライブハウススタッフの皆さま、
来てくれたみなさま、そしてCD制作を手伝ってくれた竹内くん、
本当にどうもありがとうございました。
b0102637_16333938.jpg
SILS『Demo Tracks vol.2』 ライブ会場にて配布中
1.おしりのふとん 2.あと少し 3.薫 4.私のサンバ 5.一粒
6.SEE YOU AGAIN 7.ミスター・ロンリー ダイジェスト視聴


そして今日は難波にあるアートヤードスタジオにてabcdefgレコードのイベントとのことで、
急遽、Sail Fountains-Oneのユニコーンばりの再結成ライブ。
昨日よりもミニマムな編成で4曲歌ってきました。
新しく出来たアートスペースなので道がわからず、Soda小泉くんに先導してもらうと、
入口前の鏡で髪をセットしていたので、「昨日はモサモサ頭のまま出ていたのになぜ?」と聞くと、
「カワイイ オンナノコ タクサン…オレ キョウ ショウブ…」とのこと。
小泉語がまだわからない皆さまの為に通訳すると、
「夜のソーダがファウンテン(暴発)して今日は帰りたくない、いや帰るつもりはない」とのこと。
その模様がコチラから見れますので、是非彼のガットギターを女のように抱き、
優しくときに激しく爪弾く色気たっぷりの演奏をお楽しみ下さい。
b0102637_338139.jpg
あ、彼は無事家に帰ったそうです。
[PR]
by kazekissa | 2009-03-29 16:35 | 日記